ビタミンC誘導体化粧水の効果!シミによい理由とは?

ビタミンC誘導体化粧水効果シミ

ビタミンC誘導体と言えば、あらゆる肌悩みに効果を発揮すると言っても過言ではない万能美容成分です。

そこで今回は、なかなか消すことができない「シミに効果的と言われるビタミンC誘導体化粧水」について紹介します。

関連記事→ビタミンC誘導体化粧水のサイクルプラス!美肌マニアは見逃さない!

ビタミンC誘導体化粧水がシミに効果的な理由

ビタミンC誘導体化粧水の効果は

  • 美白効果
  • 抗酸化作用

になります。

では、このビタミンC誘導体化粧水が、シミにどのように効果的に働くのでしょうか?

シミの原因となる紫外線

紫外線は、シミのもととなるメラニンが生まれるだけでなく、活性酸素を発生させ細胞を傷つけてしまいます。

そこでビタミンC誘導体の抗酸化作用が効果を発揮します。

次の画像をご覧ください。

高浸透型ビタミンC誘導体効果シミ

細胞の生まれるところは真皮層です。
この真皮層に美容成分が届くことで肌サイクルが正常になっていきます。

メラニンの生成を抑える働きも、活性酸素を防ぐ抗酸化作用真皮層に届いてからこそ絶大な効果を発揮していきます。

そして、ビタミンC誘導体を効果的に吸収させるには、クリームやジェルより、水(化粧水)に配合したほうが、有効成分が安定し吸収されやすくなります。

ビタミンC誘導体の有効成分を肌の深いところに届けるためには、化粧水に配合することが最も効果的というわけですね^^

元気になった真皮層から新しい細胞が生まれ、肌サイクルが整うことこそ美白効果の現れといえます。

だから、ビタミンC誘導体化粧水がシミに効果的だと、雑誌の美容関連の記事で取り上げられるんですね^^

関連記事→ビタミンC誘導体化粧水のサイクルプラス!美肌マニアは見逃さない!

ビタミンC誘導体化粧水がシミに効果的だと分かりましたが、他にもスゴイ効果がありますので次で紹介しますね。

ビタミンC誘導体化粧水の美肌効果

ビタミンC誘導体化粧水美肌効果

ビタミンC誘導体は、あらゆる肌悩みに対し絶大な効果を発揮する美容成分なのですが、配合するとき安定性に欠けるという弱点がありました。

この弱点を見事にカバーし、効果的に肌へ浸透しやすい成分に変化させたものが高浸透型ビタミンC誘導体になります。

それでは、高浸透型ビタミンC誘導体化粧水の美肌効果は次の通りになります。

  • メラニン色素の生成を抑制する効果
  • 肌のコラーゲンを増やす効果
  • 活性酸素の除去
  • 抗炎症作用
  • ニキビの予防・改善効果
  • セラミド合成促進効果
  • 血行促進効果によるターンオーバーを正常にする

シミシワたるみ、開いてしまった毛穴大人ニキビなどにも、即効性のある高浸透型ビタミンC誘導体化粧水なら期待できそうでうね!

つづいて、ビタミンC誘導体の種類について紹介していきます。

3つのビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体化粧水種類

ビタミンC誘導体は3種類あります。

  • 水に溶ける水溶性ビタミンC誘導体
  • 油に溶ける油溶性ビタミンC誘導体
  • 水と油のどちらにも溶け、水溶性と油溶性の特徴を併せ持つ高浸透型ビタミンC誘導体

それぞれの特徴を詳しくみていきましょう!

高浸透型ビタミンC誘導体

■成分表示


・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

 ※APPS配合もしくはアプレシエ配合と表示されています。

■特徴


・水溶性と油溶性の特徴を併せ持つ。

・水と油の両方になじむので肌への浸透がよい。

・他のビタミンC誘導体の100倍の浸透率!

これまではイオン導入器を使わないと、真皮層まで美容成分を浸透させることが出来ませんでした。

しかし高浸透型ビタミンC誘導体は、普通に手やコットンでなじませるだけで、真皮層まで浸透させることができます。

・浸透力が高く効果の出るスピードが高いので、市販で手に入る安価な化粧品には配合されていません。

・刺激性も低く肌質を問わずに使えるので、ニキビ対策やアンチエイジング対策など美意識の高い方に人気です。

水溶性ビタミンC誘導体

■成分表示


・リン酸アスコルビルNa リン酸アスコルビルMg

■特徴


  • 水になじみやすく、肌への浸透力の高さと即効性が魅力です。
  • 化粧水やクリームに配合出来るようにしたもの。
  • 使用時のツッパリ感を感じる人もいます。

油溶性ビタミンC誘導体

■成分表示


・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

■特徴


  • 油になじみやすく、クリームやゲルに配合できるようにしたもの。
  • 即効性には欠けますが浸透してからの持続力が長いの特徴です。
  • 敏感肌や乾燥肌の人におススメです。

◆肌への浸透率の高い順は

新型⇒水溶性⇒油溶性になります。

それぞれ、肌への浸透率も違います。浸透率が高ければ効果も高いと言えます。

※化粧品はすべて成分表示をするようになっていますので、選ぶ時は表面だけを見ずに、裏面の成分表示を見て選びましょう。
くれぐれも類似成分には気をつけてくださいね。

それでは最後に、今回お伝えしてきたことをまとめておきましょう。

まとめ

ビタミンC誘導体化粧水がシミに効果的な理由

■ビタミンC誘導体化粧水の効果

  • 美白効果
  • 抗酸化作用

浸透率の高いビタミンC誘導体化粧水なら、肌の真皮層に届くので

  • 紫外線によりできてしまったメラニンの生成を抑える
  • 活性酸素を防ぐ

など、絶大な効果を発揮します。

元気になった真皮層から新しい細胞が生まれ、肌サイクルが整うことこそ美白効果の現れ。

ビタミンC誘導体化粧水の美肌効果

安定性に欠ける弱点をカバーし、肌の深いところに浸透しやすい成分に変化させたものが、高浸透型ビタミンC誘導体化粧水になります。

高浸透型ビタミンC誘導体化粧水の美肌効果

  • メラニン色素の生成を抑制する効果
  • 肌のコラーゲンを増やす効果
  • 活性酸素の除去
  • 抗炎症作用
  • ニキビの予防・改善効果
  • セラミド合成促進効果
  • 血行促進効果によるターンオーバーを正常にする

3つのビタミンC誘導体

  • 水に溶ける水溶性ビタミンC誘導体
  • 油に溶ける油溶性ビタミンC誘導体
  • 水と油のどちらにも溶け、水溶性と油溶性の特徴を併せ持つ高浸透型ビタミンC誘導体

肌への浸透率の高い順は、新型⇒水溶性⇒油溶性になります。

それぞれ、肌への浸透率も違います。浸透率が高ければ効果も高いと言えます。

いかがでした?
日焼け対策していますか?
最近の外出するときのスタイルは、日傘や帽子にサングラスが3種の神器になっています^^;

この年齢になると日頃のケアがいかに大切なのか、身にしみてわかります。

もっと若い頃からケアしていれば…こんなにジタバタしなくて済んだのに^^;

でも最近では、今回ご紹介したビタミンC誘導体化粧水のように良いものが出ていますので、積極的に使っていきたいですね。

私が愛用しているビタミンC誘導体配合の化粧水はサイクルプラス
使うたびに肌がイキイキしてくるので満足して使っています♪

もともと色白ではないのですが、シミが薄くなりくすみが消えたおかげで、色白に見えるようです。

あなたも自分に合ったビタミンC誘導体化粧水を見つけて、シミとさよならしませんか?

一緒に美しく歳を重ねていきましょう♪

関連記事→ビタミンC誘導体化粧水のサイクルプラス!美肌マニアは見逃さない!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る