更年期のイライラにサプリは有効?プラセンタサプリの魅力に迫る!

更年期イライラサプリ
スポンサーリンク

最近、心や情緒が不安定でささいな事でもイライラしたり怒鳴ったり…そんな症状の繰り返しで自己嫌悪になっていませんか?

更年期になると「心の余裕」がなくなります。
これまで「冷静に考える」ことができていたのに、コントロールできない自分にイライラすることも。

まずは自分を攻めないでくださいね。
あなたが悪いわけではありません。

そのためにも、更年期のイライラはなぜ起きるのかを知ることは大切です。

今回の記事では、はじめに「更年期のイライラはなぜ起きるのか」についてお伝えしていきます。

それから
・更年期にプラセンタサプリは効果的?
・プラセンタサプリの選び方


についてそれぞれお伝えします。
ぜひ参考にしてくださいね。


更年期のイライラはなぜ起きるの?


更年期イライラ

女性ホルモンのエストロゲンには、脳内の神経伝達物質をコントロールする働きがあります。

更年期で女性ホルモンが低下すると、この脳内伝達物質が正常に働かなくなり、心や体に不調が出てくるのです。


そのため、ストレスへの耐性が弱くなります。

ストレスの耐性が弱くなると、心と体には次のような症状が現れてきます。



■心の症状

  • イライラやカッとなることで現れる場合
  • 落ちこみや憂うつとなって現れる場合



■体の症状

  • いきなり涙が出る
  • よく眠れない
  • 眠りが浅い
  • 人と接するのが億劫
  • 出不精になる



これは易刺激性(いしげきせい)と言い、特徴としては、ちょっとした刺激に反応してしまうことです。


ですので、これと言った思い当たる原因のない人でも、このような心の変動が起きるわけです。


そして、このような原因がある人は…
  • 仕事
  • 家族
  • 夫婦関係
  • 嫁姑関係
  • 親の介護
など、更年期を期にこれまで以上、大きく心が揺さぶられてしまいます。


更年期のイライラの原因を知ることで、自分を攻める必要が無いこと…伝わりましたか?


では、これからがいよいよ本番ですね。
これらの不調を治すプラセンタサプリについてお伝えしていきます。


スポンサーリンク


更年期にプラセンタサプリは効果的?


更年期プラセンタサプリ効果

美肌や新陳代謝を高めてくれるプラセンタ。

プラセンタとは、哺乳類の胎盤から栄養素などの成分を抽出した胎盤エキスのことを言います。


大自然の中の動物の出産シーン。
出産を終えたばかりの母親が、胎盤を食べるのを見たことありませんか。


母親が胎盤を食べるのは、「血液の臭いを消すこと」と「出産で衰弱したからだへ栄養補給」のためです。


私たちもプラセンタに含まれる豊富な栄養素を摂ることで、さまざまな効果を得ることが出来ます。


その中で、更年期に効果的なプラセンタの作用は以下の2つになります。

  • 自律神経調整作用
  • ホルモン調整作用
2つの作用は、更年期のイライラやほてり、のぼせ、落込みや憂うつなどの改善に効果が高いと言われています。


では、更年期の不快な症状を解消してくれるプラセンタの栄養素には、どのようなものが含まれるのかみてみましょう。


◆アミノ酸
体の細胞を作る原料となるアミノ酸。

プラセンタには10種類以上含まれます。
単体で構成されているので吸収率が高いのが特徴です。



◆タンパク質
体をつくる重要な栄養源のタンパク質。

プラセンタに含まれるタンパク質には成長因子が含まれています。
胎児の成長スピードがはやいのは、成長因子の働きによるものなんですよ。

成長因子は細胞の増殖を促しますので、プラセンタが若返りのエキスだと言われるのもうなずけますね。



◆糖質
人間のエネルギー源の糖質。

細胞の構造を整えるためにも必要で、不足すると脳の働きが鈍くなりぼ~っとします。



◆ビタミン
体の機能を正常に保つ役割のビタミン。

プラセンタには
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ナイアシン
などが含まれています。



◆核酸(DNA)
遺伝子の修復や新陳代謝の調整をする核酸。

遺伝子に働きかけ老化を抑えてくれるのが最大の特徴です。

歳を重ねるとともに減少していきますので、意識して摂り入れることでエイジングケアができますね。



他にも…
■抗酸化力を向上させる
活性ペプチド

■細胞と細胞をつないで健康な肌をつくるムコ多糖体
ヒアルロン酸


などなど、豊富な栄養素がプラセンタに含まれています。

自律神経やホルモンのバランスの乱れを整える


更年期の観点から注目したいのが、プラセンタの細胞を修復し新しい細胞を増やす働き。

肌や血液、神経伝達物質などにも作用し、自律神経やホルモンのバランスの乱れを整えてくれます。



そして複合的に、豊富な栄養素を摂ることにより、疲労回復血行促進などの効果も!
体調を整えることで更年期のイライラの解消へとつながるわけですね。



ですので、プラセンタを摂ることで更年期のイライラの症状の改善と併せて、「肌がきれいになった!」「二日酔いしなくなった」などを実感する方も多いようです。

ホルモン補充療法が行えない人のプラセンタサプリ


更年期の治療の対処方法の一つにホルモン補充療法があります。

このホルモン補充療法(HRT)、実はすべての方が行えるわけではなく、以前、乳がんを患ったことがある方や現在乳がんの治療中、肝障害がある場合などは行えません。


このようなとき病院では、ホルモン補充療法が行えない方に対して、プラセンタのサプリを処方します。

つまり、プラセンタサプリは手軽に試せる副作用のない安全な方法とも言えるんですね。




そして私の経験からお伝えしたいこと。
それは、サプリなら精神的負担を軽くすることができること。


更年期のイライラが現れているとき、人と接するのが億劫で出不精になります。

そんな時、サプリなら通院する手間が解消でき、自宅や勤め先で手軽に摂ることができる!

有効成分の多い良質なプラセンタサプリなら、自分のペースで更年期のイライラを改善していくことも可能になります。

プラセンタサプリの選び方


更年期プラセンタサプリ選び方

毎日飲むものですから安心できるものを選びたいですね。

では、プラセンタサプリを選ぶときのチェックポイント3つ!お伝えします。


  • 酵素抽出しているもの
  • JHFAマークを取得している製品
  • プラセンタ純末(原末)での含有量をみる




・酵素抽出しているもの
 プラセンタの有効成分を損なうことなく取り出せる抽出法になります。


・JHFAマークを取得している製品
プラセンタ商品では数少ない、認定健康食品JHFAマークを取得している製品。
認定健康食品JHFAマークは、健康補助食品の安心、安全のマーク。


・プラセンタ純末での含有量をみる
プラセンタエキスとプラセンタ純末(原末)の違いになります。
比較する場合は、エキス換算ではなく純末(原末)換算でみると成分の濃さがわかりますよ。



例えば…
プラセンタエキス5400mg → 純末135mg

エキスはほとんどが水分になります。

つまり、水分を飛ばし濃縮された純末のほうが、1粒で有効成分をより多く摂り入れることが出来るわけです。



いま紹介した3つのチェックポイントを網羅し、

  • コラーゲン
  • ローヤルゼリー
  • 高麗人参
  • ツバメの巣エキス
  • プロテオグリカン
など、プラセンタの実感を後押しする5つの美容成分がはいったプラセンタサプリがあります。


毎日飲むものですから、安心して飲むことができ実感できるものがいいですよね。
▶おすすめのプラセンタサプリはこちら。



まとめ


■更年期のイライラはなぜ起きるの?
・更年期で女性ホルモンが低下すると、この脳内伝達物質が正常に働かなくなり、心や体に不調が出てくる
・ストレスへの耐性が弱くなる


■更年期にプラセンタサプリは効果的?
プラセンタの2つの作用により、更年期の不快な症状改善が期待できる
・自律神経調整作用
・ホルモン調整作用


■プラセンタサプリの選び方
プラセンタサプリを選ぶときのチェックポイント3つ!
  • 酵素抽出しているもの
  • JHFAマークを取得している製品
  • プラセンタ純末での含有量をみる



更年期のイライラにプラセンタサプリ有効なのか…についてお伝えしてきました。


更年期は出口の見えない暗いトンネルの中をさまよっているように思いますが、必ず終りがあります。


私の場合、イライラや不安から解消する手立てとして、更年期の自分を受け入れることからはじめました。

そして、無理なく自分に合った方法で続けることも大事です。


普段、意識していたことは更年期に良い食べ物を摂ることですね。

今思えば、更年期を期に精神面で自分と向き合うことができ、体にいいものを食べることで体質も改善されていました。

肩の力を抜いて自分を大切にしてくださいね^^


今では、私にとって豆乳はなくてはならない存在になりました^^
自律神経を整える食べ物豆乳|効果的な取り方と注意点とは?

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る