ビタミンC誘導体配合の化粧水はニキビ痕に効果的?

ビタミンc誘導体 化粧水 ニキビ痕

スポンサーリンク

 
美肌ケアのほぼ全てに効果を発揮するビタミンC誘導体
「ニキビやニキビ痕にはビタミンC誘導体が効果的」とよく聞きます。


でもその前に、あなたはニキビが出来るメカニズムを知ってますか?

まずは敵を知って最適な兵を送り込む!
このことが大事です。

ニキビが出来るメカニズムを知り、有効な美容成分のビタミンC誘導体を送り込む!


大人ニキビで悩むあなたへ、大人ニキビのメカニズムから、ビタミンC誘導体配合の化粧水がニキビ痕に効果的なのかお伝えしていきます。

大人ニキビのメカニズムを知ろう!

突然ですが、あなたは10代の頃、額から頬にかけてのTゾーンと言われるところに、ニキビが出来ていましたか?


Tゾーンと言えば思春期ニキビの出来やすい場所ですね。
 

思春期ニキビは男性ホルモンの増加が関係しています。
増加した男性ホルモンが皮脂腺を刺激して皮脂分泌が活発になり、毛穴からの排出が追いつかなくなります。


残った皮脂は古くなった角質と混ざり合って毛穴を塞ぎます。
これがギトギトニキビ=思春期ニキビの始まりです。
 
 

一方、大人ニキビ皮脂分泌の過剰にプラスしてターンオーバーと呼ばれる皮膚の生まれ変わりの乱れや、肌の水分を保ったり外部から異物が進入するのを防ぐバリア機能の低下などがあげられます。


メイクを完全に落としきれていないなどで毛穴が詰まったり、生理前になると、黄体ホルモンの過剰分泌などが原因でニキビが増え、しかも繰り返します。
 
 


その他にも、ストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れなど複合的な原因がニキビに影響しているのが、大人ニキビです。


大人ニキビが出来やすいところは、顎や口周り、フェイスラインのUゾーンと呼ばれるところです。
 
原因が皮脂の過剰分泌だけではないので、皮脂の少ないと言われるところにもニキビが出来てしまいます。

 

いかがですか?
大人ニキビの出来るメカニズムは、理解できましたか?

 

思春期ニキビのように皮脂の過剰分泌だけでなく、ターンオーバーやバリア機能の乱れを正常にすることが大人ニキビの改善に向けて近道のようですね^^

 

では続いて、
ビタミンC誘導体が、どのようにニキビやニキビ跡に力を発揮するのか?
一番気になるところについてお伝えします。
 

スポンサーリンク


 
 

ビタミンC誘導体がニキビケアにおススメの理由

ビタミンC誘導体は、シミ治療やニキビ治療として皮膚科などでも使われている、厚生労働省が認可した有効成分です



つまり、「安全」「効果が高い!」ってことをまず知っておいてくださいね。
そして、ニキビやニキビ痕にすぐれた力を発揮するビタミンC誘導体は、高浸透型ビタミンC誘導体です!



ビタミンC誘導体には、水溶性・油溶性、高浸透型の3種があり、それぞれ得意とするところが違います。
 

水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体の良い所を併せ持つ、高浸透型ビタミンC誘導体(APPS)こそが、ニキビやニキビ痕に効果的なんですよ。



なんと言っても、浸透力が水溶性や油溶性ビタミンC誘導体に比べ100倍であるところはスゴイ!



化粧品と呼ばれるものは、法律でお肌の表皮層までの浸透しか許されていません。



しかし、従来のビタミンC誘導体の100倍の浸透力を持つ、高浸透型ビタミンC誘導体(APPS)は真皮層まで浸透します。



真皮層まで浸透するということは、真皮層にあるコラーゲンに直接働きかけることができるのでコラーゲンの分泌量が増えていきます。


そのことにより、お肌のハリや弾力、傷の修復ができるんですね。



ニキビ痕は、ニキビを潰したりなどすることでできたキズ。
実は真皮層まで傷つけてるんですよ。



ニキビ痕を治すのが難しいと言われるのは、真皮層までキズが達しているからなんですよ。



優れた浸透力を持つ、高浸透型ビタミンC誘導体(APPS)アプレシエの働きは以下のとおり。

  • 活性酸素の除去効果(肌の老化防止)
  • 抗炎症作用(ニキビ解消)
  • 肌のコラーゲンを増やす効果(シワやたるみの改善)
  • セラミド合成促進効果(毛穴を目立ちにくく)
  • 皮脂分泌抑制効果(毛穴を引き締める)
  • 血行促進効果やターンオーバーを正常化(シワ・シミの改善)
  • メラニン色素の生成を抑制する効果(シミ・ソバカスを薄くする)


なかなか治らない大人ニキビ。

オイリー肌特有のべたついた脂が、過酸化脂質といってニキビの原因でもあるんです。

 

この脂の働きも抑制してくれるのが、高浸透型ビタミンC誘導体APPS。

 

万能な美容成分の高浸透型ビタミンC誘導体。
化粧品や美容皮膚科などでも多用されているわけが分かりますね!

ビタミンC誘導体配合の化粧水ってどれも一緒?


いいえ違います!

ビタミンC誘導体は3種類あるとお話しました。



ニキビやニキビ跡に効果的なビタミンC誘導体は高浸透型ビタミンC誘導体APPSです。



ビタミンC誘導体=高浸透型ビタミンC誘導体APPSではありません!



ビタミンC誘導体がニキビに効くと聞いたけど、全然変化がなかった!と言われる方は、ビタミンC誘導体=高浸透型ビタミンC誘導体と、思い違いをしていることが多いようです。



水溶性ビタミンC誘導体、もしくは油溶性ビタミンC誘導体では、真皮層まで浸透することが出来ないので、思うような結果得ることは難しいと思います。


あなたにだけは、間違った知識でニキビやニキビ跡の悩みを解消できなかった・・・なんてことにはなってほしくないので、化粧品を購入する時は、ここをチェックしてくださいね!



正式な呼び方:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

表示形式:表面 APPS配合  アプレシエ配合

裏面 パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na


高浸透型ビタミンC誘導体APPS配合の化粧水で、繰り返す大人ニキビやニキビ跡とさよならしましょうね^^

 

まとめ

今回はビタミンC誘導体配合の化粧水はニキビ痕に効果的なのかについてお伝えしてきました。

ひとくちにビタミンC誘導体と言っても3種類あり、働きや浸透力が違います。

ニキビ痕はすぐに治せるものではありませんが、ビタミンC誘導体配合の化粧水など継続して使うことで肌の改善が期待できますよ。

 
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る