美女と野獣のバラのガラスドームはプロポーズに最適!

美女と野獣バラガラスドーム
スポンサーリンク

ディズニー「美女と野獣」の実写版が2017年4月21日が放映され、話題を集めています。

美女と野獣の実写版を観て、ちょうど結婚を考えている彼女は「真実の愛」について改めて考えているかもしれませんね。

そして、彼女は心のなかで

「私も永遠の愛を誓うあの人から、ガラスドームでプロポーズされたら…」

と思っているかも…。


ガラスドームが、なぜプロポーズに最適なのか?
ストーリーをご存知なら理解は早いですね。


でも、それだけではないんです。
1本の赤いバラの意味も深く関係しています。


そこで今回は、「美女と野獣のバラのガラスドームがプロポーズに最適な理由」についてお伝えします。

そして、美女と野獣の印象的なベルの黄色いドレスが結婚式で人気のようなので、併せて紹介しています。良ければごらんください^^

関連:ディズニーのハロウィン仮装で男性ウケする人気の衣装5選まとめ



美女と野獣のバラのガラスドームがプロポーズに最適な理由


美女と野獣バラ


美女と野獣のストーリーのなかで、大きなカギを握るガラスドームに入った1輪の赤いバラ。


ガラスドームがプロポーズに最適なのか?理由をお伝えしますね。


それは、1輪の赤いバラの花言葉がプロポーズにピッタリなのです。



  • 赤いバラの花言葉は「あなたを愛します」
  • 1本の意味は「あなたしかいない」




今、あなたの彼女への思いと一緒ではないですか?



魔女が差し出した、ガラスドームに閉じ込められた1輪の赤いバラ。


美女と野獣のバラのガラスドーム 東京ディズニーランド限定



バラの花びらが全て散るまでに、誰かを愛し、そして誰かに愛されるという「真実の愛」を見つけなければ、魔法は一生解けることはないと告げます。




最後、花びらが1枚になったとき、野獣・ビーストはベルへの真実の愛に気づき「私にはベルしかいない」と、心の底から思います。



あなたも「彼女しかいない」だから、プロポーズを考えているんですよね。


ならば、これから女性の本音をお伝えしますので、プロポーズするときの参考になれば嬉しいです^^


女性の本音

  • 女性は本来、夢見る夢子ちゃん。
  • 心のどこかにお姫様心を秘めている。
  • お姫様ストーリーを感じさせる演出にはことのほか弱い


そこで、もし彼女が美女と野獣のファンなら

きっと自分にベルを投影させ「私も、真実の愛を確かめたい…」って、思っていることでしょう。


…となると、彼女が喜ぶプロポーズのシチュエーションが見てきますね^^


プロポーズのときは、彼女を美女と野獣のベルにしてあげましょう!




そして、真実の愛を確かめる演出にバラのガラスドームを使ってみるのです。
彼女の願いを叶えることになるかもしれませんよ。


成功を祈ります♪



2017年4月21日に美女と野獣の実写版が放映され、その影響なのかベルのドレスが結婚式で人気だそうです。

ちょっと気が早いかもしれませんが・・・
次は、美女と野獣のベルのドレスについてお伝えしますね。



美女と野獣のベルのドレスが結婚式で人気?!


美女と野獣ファンだけでなくとも、印象的なベルの黄色のドレスは結婚式のお色直しで人気です♪


◆色から見る効果黄色のイメージは、太陽や光といった明るい印象を持っています。

そして、見ているだけで心を弾ませ楽しい気分にさせてくれます。


…まさにベルのイメージとピッタリですね。



結婚式では、そんなベルになりきることができるのです。


お気に入りのドレスに身を包み、たくさんの視線を感じながら、愛するあなたに見守られ、最高に幸せなヒロインでいることができます。


お色直しや二次会では「美女と野獣のベル」になりきって黄色のドレスで登場すれば、彼女の華やかさが一段とアップすること間違いなし!





今年のハロウィン仮装でも、美女と野獣のベルのドレスは人気になりそうですね!
関連:ディズニーのハロウィン仮装で男性ウケする人気の衣装5選まとめ


それでは最後に、今回お伝えしてきたことをまとめておきましょう。


まとめ


  • 美女と野獣のバラのガラスドームがプロポーズに最適な理由
  • 美女と野獣のベルのドレスが結婚式で人気?!


今回は、美女と野獣のバラのガラスドームの話からベルのドレスなど、お伝えしてきました。


美女と野獣は大好きで何度もDVDで見るのですが、

人は外見ではない。
その人らしさを認めてあげることで、人は心をひらいてくれる。

見終えていつも思います。


真実の愛は本物であって、その本物を知るためには本当の心…自分らしくいることが大切だと。


飾らないそのままの二人でいるときがいちばん落ち着くのなら、これからもずっと一緒がいい。


結婚を決めるとき、そうでした。(ずいぶん昔ですね^^;)


記憶に残るプロポーズを考えると大変なのですが、まずは「本心を伝える」ことが一番大切ですよね^^


うまくいくことを応援しています(*^^*)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る