シナモンはシワ改善に効果的!毛細血管との関係がスゴかった?!

シナモン 効果 シワ

スポンサーリンク

年齢を重ねると肌老化が気になってきます。

にっこり笑うと目尻にシワが・・・。
最近、頬にも小じわが増えてきて思いっきり笑うのを控えている…なんて寂しいことも。

でも、同じ年齢なのに肌がキレイで若々しい肌見える人がいるのも確か。
この差は一体何なのでしょうか?

どうも肌老化には毛細血管が大きく関わっているようです。そしてこの毛細血管の救世主になるのがシナモン


シナモンと毛細血管の関係を知ることで、シワ改善の第一歩になります。是非参考にしてくださいね。

そしてシナモンの効果を最強にする4つの成分についてもお伝えしていきます♪

シミ・シワの原因は毛細血管の劣化が関係していた!

シナモンしみ効果毛細血管

肌老化のカギを握るのが毛細血管であることが最新の医学で判りました。


シミやシワができるのはコラーゲンが減ってきたから…とよく耳にしますね。

では、なぜコラーゲンが減るのでしょうか?


それは毛細血管の減少することで、コラーゲンを作りだす線維芽細胞が減少するからなのです。

しかも、毛細血管は加齢などによって簡単に消滅すると言われています。

毛細血管とシミ・シワなど肌老化との深い関係


というものの、そもそも毛細血管ってなに?

血管と言えば、「大動脈、大静脈」がすぐに思いつきますね。


実は、動脈や静脈などの太い血管は体内にはほんの少ししかありません。


全血管の99%毛細血管が占めているのです。


血液の流れを簡単におさらいすると・・・

心臓から出た血液は、大動脈という太い血管から、血圧を調整する筋性動脈、細動脈を経て毛細血管へと流れ込みます。


体内の隅々の細胞へ栄養分や酸素を送り届けているのは毛細血管なのです。


ですので毛細血管が減るということは、細胞に栄養分がいかなくなるということ。


栄養不足になった細胞は働きが低下し、皮膚の再生能力がなくなってしまいます。

これが顔で起きると、シミやシワ、たるみが発生。


このようにして、肌は老化の一途をたどってしまうのです。

シナモンで毛細血管を活性化!


スポンサーリンク




シナモンがどのように毛細血管に効果を及ぼすのか、毛細血管の構造を知ると理解しやすいので説明していきますね。


まず毛細血管は2つの層で構成されています。


  • 内皮細胞
  • 壁細胞



毛細血管の内側の内皮細胞には、多くの隙間があり栄養分や水分、老廃物が漏れてしまいます。

しかし外側を壁細胞が覆うにより、漏れることなく安定して体内隅々の細胞に必要な分だけ栄養素を送ったり、いらなくなった老廃物をリンパ管へ送り込むことができます。


この内皮細胞と壁細胞をしっかりくっつける役目

内皮細胞のTie2(タイツー)という分子。
例えるなら接着材ですね。


そしてTie2(タイツー)を活性化させるために、壁細胞からアンジオポエチンという分子が分泌されます。


このアンジオポエチンと同じ働きをしてくれるのがシナモンなのです。

シナモンで毛細血管を修復!シワ改善へ

ルイボスティーむくみ解消顔

実は2層構造の毛細血管はとても弱い血管なのです。

紫外線による酸化やストレスなどで壁細胞が傷つくと、Tie2(タイツー)を活性化するためのアンジオポエチンが分泌されなくなるので
内皮細胞と壁細胞の間に隙間ができてしまいます。


すると、栄養分や老廃物などが漏れ出てしまい炎症が起き、その先の毛細血管へ栄養分が送られなくなり毛細血管は消滅してしまいます。


毛細血管の炎症は、シワの原因のひとつ皮膚に弾力を与えるコラーゲンを作り出す線維芽細胞を減少させてしまいます。


ということは・・・
毛細血管の炎症を修復すれば、シワ改善へとつながっていくのです!


ここで
毛細血管の救世主となるのがシナモン!



シナモンを摂ることで、アンジオポエチンに代わってTie2(タイツー)を活性化することができます。

シナモンで毛細血管の漏れを修復すれば栄養が線維芽細胞に届き、代謝が促されてコラーゲンを生産するので肌にハリが蘇ってくるというわけです。



しかもシナモンの毛細血管を修復する時間がたったの2~3時間!!

シナモンを摂取して2~3時間後には、あなたの体の中では血管の修復が始まっているんですよ^^

シナモンのシワ効果に最適な4つの成分


シナモンはそれ自体でも効果絶大なのですが、4つの成分をプラスすればさらにパワーアップするんですよ。

気になる4つの成分は


  • ポリフェノール
  • ビタミンA,C,E
  • EPA,DHA,鉄
  • イソフラボン

になります。

シナモンとポリフェノールは最強コンビ

シナモン ポリフェノール

抗酸化作用のあるポリフェノールは、毛細血管の修復に働くシナモンと組み合わせればまさにゴールデンコンビです。


血管老化の一番の原因は酸化ストレス。


植物性食品の色素や苦み成分であるポリフェノールは、酸化ストレスから体を守ってくれることでは有名ですね。


血管老化の原因となる活性酸素を無害化するポリフェノールと、毛細血管を元気にするシナモンのダブルパワーで肌細胞に栄養がスムーズに送られます。

◆ポリフェノールが多い食品嗜好品では、赤ワイン、コーヒー、緑茶、紅茶など


シナモンとビタミンA、C、Eで美肌関係

シナモン ビタミンA C E

ビタミンのエースという異名を持つビタミンA、C、E

  • 皮膚や血管の粘膜を健康に保つビタミンA
  • コラーゲンの合成にはたらくビタミンC
  • 肌細胞に栄養を運ぶ毛細血管の血行を促進するビタミンE

抗酸化にプラスして別ルートからシナモンパワーをバックアップ!美肌に欠かせない働きをいっぺんに得ることができます。

◆ビタミンAが多い食品レバーや緑黄色野菜に多く含まれます。


◆ビタミンCが多い食品果物(特にかんきつ類やいちご)、野菜、イモ類など


◆ビタミンEが多い食品ひまわり油や紅花油などの植物油、アーモンド、西洋かぼちゃ、小麦胚芽など


シナモンの最大のサポーター、EPA・DHA・鉄

シナモン DHA

シナモンの血管拡張作用で通りやすくなった血管内を、EPAとDHAがスムーズに血液を流し、鉄が細胞に酸素を届けます。それぞれが協力しあってシナモンと手を組み肌を元気にしていきます。

◆DHA・EPAが多い食品サバ、サンマ、イワシ、ブリなどの青魚やマグロのトロなど



◆鉄が多い食品アサリの水煮缶、豚・鶏レバー、干しひじきなど


シナモンとイソフラボンで血管の若返りが絶大!

シナモン イソフラボン

女性ホルモン様作用のあるイソフラボンは、シナモンの血管拡張作用や内臓脂肪の蓄積防止と同じような働きをします。

シナモンとイソフラボンの2つの成分が同じように働けば効果倍増!

他にもイソフラボンには、コラーゲンの生成を助けるはたきがありますので、シワ効果に期待できますね。

◆イソフラボンの多い食品納豆、豆腐、きな粉などの大豆や大豆製品




50代以降の顔の毛細血管の数は、10~40代と比べると4割も減ると言われています。

シナモンは、加熱しても効果が衰えることはないので、ドリンクや料理に幅広く利用していくといいでしょう。

私は手軽に、コーヒーや紅茶、豆乳を飲むときにササッと振り入れて楽しんでいます♪

まとめ


いかがでしたか?
シミ・シワをOFFにして肌の若返りに驚異的なパワーを発揮するシナモン。

とくに顔は毛細血管が多いところなので、シナモン効果が一番出やすいといえます。
なかでも、目のまわりに毛細血管が集中しているので、シミやシワの改善・予防に期待大ですね。

手に入れやすく簡単に取り入れることができますので、さっそくお試しを!

シナモンの関連記事
シナモンはシミに効果アリ!一緒に摂って効果絶大の物とは?

シナモンの摂取量1日の適量は?種類は関係あるの?

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る