佐々木希の秋田弁がかわいい!あさイチで秋田美人は色白美肌が多い?

佐々木希 いぶりがっこ

スポンサーリンク

先ごろ秋田魁新報社『秋田の魅力発信』の編集長に就任した佐々木希さん。秋田県の魅力を発信するためにも、秋田弁で話す佐々木希さんを見る機会が増えように思います。

あさイチの12月7日(木曜)放送JAPA-NAVIに出演した佐々木希さん。ふるさと秋田の横手盆地を訪ねる内容だったのですが、そこで佐々木希さんが時折話す秋田弁がかわいい!と話題になりましたね。

そして、秋田の保存食「いぶりがっこ」を漬け込む農家さんのいぶり小屋に訪問した時、作業するおばあちゃん達はほとんどが80代にもかかわらず皆さん美肌でした。

今回は、佐々木希さんが話す秋田弁や秋田美人はやはり色白美肌が多いのか?についてお伝えしていきます。

関連記事⇒雨が降ると君は優しいの佐々木希の肌はなぜきれい?肌ケアや化粧水を調べてみた

佐々木希のあさイチで語る秋田弁がかわいい!


佐々木希 あさイチ

NHKあさイチのJAPA-NAVIで秋田・横手盆地を訪ねた佐々木希さん。


ポニーテール姿で可愛らしい佐々木さんの口から飛び出した言葉「ほしたばしったけさんみい


「すっごく寒いなあ」という意味の秋田弁らしいです。


他にも、「んだな」は「そうですね」の意味。
会話の合いの手で使うみたいで、「んだ」は肯定の返事になるようですね。


「んだな」を佐々木希さんが言うと、かわいい!


そう言えば、ピエトロドレッシングのCMで秋田弁で「ばしこぐでね」もかわいいと話題です!




「ばしこぐでね」は「嘘でしょう?」の意味でしたね。


ちなみに「かわいい」を秋田弁で言うと「めんけ」だそうです。


「この子めんけーわ」は「この子、かわいいわ」になりますね。


メジャーな方言と言えば「大阪弁」ですが、佐々木希さん効果で「秋田弁」も仲間入りしそうですね^^

佐々木希といぶりがっこのおばあちゃん!秋田美人は色白で美肌が多い?


スポンサーリンク




佐々木希さんが訪れた、秋田の保存食と言われる「いぶりがっこ」を作る農家のおばあちゃん達の肌がツルツルピカピカだったのに驚きでした。

佐々木希 秋田弁
引用元:http://www1.nhk.or.jp


番組最後の視聴者からのFAXでも、「佐々木希さんの美肌もさることながら、いぶりがっこ小屋のおばあちゃん達の肌が美しいのに驚きです」との声が。


いぶりがっこ小屋で作業しているおばあちゃん達は、ほとんど80代以上だったはずです。


皆さん色白透明感がありきめ細やかな美肌でした。


京美人・博多美人と並んで日本三大美人の一つが秋田美人


なぜ秋田には、こんなにも色白で肌が美しい女性が多いのか気になりませんか?

秋田美人はなぜ色白で美肌なの?


佐々木希 色白

一説によると、秋田県を含む日本海側の女性は、色白であることから美人に見えるとも言われています。


日本海側は全国的にみて日照時間が少ない傾向にあり、しかも冬は積雪が多い!


ということは、外出することも少なく比較的家にいる時間が長いですよね。


となると、紫外線によるダメージが少ないわけです。紫外線は美肌を維持する上では大敵ですからね!


紫外線の影響が少ないことが、色白でキメの細やかな美しい肌の原因のようです。


秋田の土地が作り出した「秋田美人」恐るべしです!


では、芸能界で秋田美人と言えば…誰なのでしょうか?ランキングをみてみましょう!
引用元:https://ranking.goo.ne.jp


◆第1位:佐々木希さん

佐々木希 美肌

◆第2位:壇蜜さん

佐々木希 秋田美人 壇蜜
引用元:https://www.walkerplus.com


◆第3位:藤あや子さん

佐々木希 秋田美人 藤あや子
引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp


芸能界でも秋田美人と呼ばれる女優さんは、やはり皆さん色白で美肌ですね。

まとめ


今回は、佐々木希さんが話す秋田弁や秋田美人はやはり色白美肌が多いのか?についてお伝えしてきました。


『秋田の魅力発信』の編集長でもある佐々木希さんの秋田弁は本当にかわいいですよね。


そして色白で美肌の理由が、日本海側で日照時間が少ないことから紫外線からのダメージが少ないことだったとは、初知りでした。



最近のhuluドラマでのセックス依存症の新妻の役で、女優としてまた一歩フィールドを広げた佐々木希さん。

これからの活躍が楽しみは女優さんですね。

関連記事⇒Huluドラマ【雨が降ると君は優しい】第1話から最終話まとめ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る