長期出張と転勤の違いは?メリットが多いのはどっち?

長期出張 転勤 違い

スポンサーリンク

社会人になると、異動・長期出張・転勤などを経験する人もたくさんいます。

特に長期出張・転勤などは、平均して40代の男性サラリーマンで家族がいる場合が多く、

奥さんは働き盛りの夫(旦那)さんが長期出張や転勤などに行っている間は、夫のことも心配しつつ、寂しい気持ちを抱えながらの子育てや生活で大変です。

そもそも長期出張と転勤って似ているようですが違いはあるのか?気になりますね。

今回は、長期出張と転勤ってどう違うのかやどちらの方がメリットがあるのか?についてご紹介します。


長期出張と転勤の違い

長期出張 転勤 違い メリット  
 
長期出張と転勤の違いについて調べてみました。


長期出張とは
数週間~数カ月間かけてあなたの今の勤務地から離れて仕事をする場合の勤務形態の事です。
 
 
転勤とは
あなたの住んでいる住居・住所や勤務先の会社の場所が変わる場合が多い勤務形態になります。
 
一人暮らしの男性であれば奥さんや子供など家族がいないので、そこまで気にせずに転勤や長期出張に行くことができると思います。
 
 
ですが家族がある場合の転勤では、勤務地・住居・住所などの環境が一変します。
 
 
子供がいれば転校の手続きをしなくてはいけませんし、奥さんが働いていた場合、転勤した新しい土地でお仕事を一から探さないといけない状況になりますね。
 
 
どちらの場合においても、仮に会社での人間関係が悪くてストレスを感じているのでしたら、環境を変え人間関係をリセットできるので、メリットになるかもしれません。
 
 
ですが、住み慣れた土地を離れるので新しい場所の土地勘も全然ない状態になりますしまた新しい勤務先でルールや仕事内容を覚えなくてはいけないのでデメリットも同時にありますよね。
 
 
私は寂しがり屋なので、地元を離れるのには少し抵抗があります。
 
なので絶対に転勤よりも長期出張の方が良いですね!
 

スポンサーリンク


 

長期出張と転勤 メリットが多いのはどっち?

長期出張 転勤  
 
長期出張と転勤はどちらの方がメリットが多いのでしょうか調べてみました。
 
まず、どちらもあなたの会社やご近所の人間関係を一時的にorずっとリセットして、また新たな人達と出会う事になりますので嫌いな人がいる場合はメリットになります。
 
 
そして、単調な仕事が苦手な方にとっても心機一転で新しい勤務先で仕事ができるので新鮮さや気持ちをリフレッシュできメリットになると思います。
 
 
では、長期出張と転勤のそれぞれのメリットについては次のとおりになります。
 


<長期出張のメリット>
  • 企業の出張旅費規定により出張手当が支給される
  • マイホームを購入していてもいづれ戻ってこれるので安心
  • ビジネスホテルや賃貸マンションを利用できる
  • 全国各地の美味しいグルメ料理が食べれる
  • 家族に気を使わなくて良い
 
 


<転勤のメリット>
  • 引越し費用が会社から支給される
  • 転勤先の物価や土地代が安いことがある
  • 新しく住む家を探せる
  • 栄転などの人もいるので給与が高くなる場合がある
 
 

長期出張と転勤のメリットは、このように色々とありますが個人個人の環境や価値観によって違いがあると思いますので、どちらの方がメリットがあるのかというと人それぞれです。
 
 

転勤や長期出張があるのは【総合職】と呼ばれる営業・企画・人事などのお仕事をしている方に多いようですね。

まとめ


長期出張と転勤の違いは【住所・住居・勤務先】が変わるか変わらなかったりや、出張であれば出張手当がでますが、転勤のときは手当がなかったりします。
 
 
長期出張のメリットをまとめてみますと、

・出張手当が支給される
・自宅を購入しても戻ってこれる
・ビジネスホテルや賃貸マンションを利用できる
・全国各地の美味しいグルメ料理が食べれる
・家族がいないので自由時間が増える
…などがあります。
 
 

転勤の場合のメリットは

・引越し費用を企業から貰える
・物価
・土地代が安い場合もある
・新居を探せる
・給料アップ(栄転の場合は特に)

などです。
個人個人の環境や価値観が違いますので、どう捉えるかは本人次第とも言えるかもしれませんね。
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る