しそジュースの保存方法!気になる賞味期限は?

スポンサーリンク

しそジュースを作ったのはいいけれど、保存の仕方や賞味期限はいつまで?
気になりますね。せっかく作ったお手製のしそジュースをおいしく保存する方法や賞味期限についてお伝えします。




しそジュースの保存方法

赤じそ

赤じその出まわる時期は6月~7月。
しそジュースの仕込みは短期決戦になります。

なのでこの時期になると、我が家では3日に1回のペースでしそジュースを作ります。

 

一番気をつけるのが保存です。

カビが生えてしまって残念ですからね(汗
ちなみにカビが生えても、濾して再度お鍋に入れて沸騰させれば飲めるのですが、なるべくならカビが生えないようにしたいものです。

 

しそジュース保存の手順

・保存ビンは煮沸消毒します。
・ペットボトルなら、よく洗って乾かしておきます。
・保存ビンやペットボトルを、度数の高めの焼酎かホワイトリカーで消毒します。
・空気に触れる面を少なくするため、注ぎ口いっぱいまで入れる。
・常温保存なら冷暗所。
・おススメは冷蔵庫、冷凍庫
・長期保存なら、半量になるまで煮詰めて保存。

 

しそジュースの賞味期限

・常温保存は目安2週間。
アルコールで消毒をしていますが、状態により発酵が進みすぎて酢になることもあります。

冷蔵、冷凍保存では2ヶ月~4ヶ月


冷凍保存する場合は、製氷皿で凍らせて出来たものを大きめの保存容器に移しいつでも使える状態にしておくと便利。

炭酸水や牛乳、焼酎の水割りの中にしそジュース氷をそのまま投入すれば、薄まらずに冷たいまま美味しくいただけますよ~♪



半量になるまで煮詰めた場合は、1年間保存可能。

※砂糖の量やクエン酸の量により違ってきます。

 

あとがき


しそジュースの効能は絶大です!
おいしさと健康管理をかねそなえた、夏バテ防止のしそジュース!
家族の健康とアンチエイジングのために、今年も大量に作ってしっかり保存。

保存方法がわかったところで、
あなたも今年はしそジュース作りに励んでみてはいかがですか^^


簡単で美味しいしそジュースの作り方と効能はこちらで詳しく紹介しています。

しそジュースのおいしい作り方と効能!クエン酸効果で夏バテ防止

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る