シナモンはしみ対策に効果アリ!一緒に摂れば効果絶大のあるものとは?

シナモンしみ効果

スポンサーリンク

シナモンはしみ対策に効果があるのか。
美肌マニアのあなたは、関心が高いのではないでしょうか。

…同時にこんな疑問も。
シナモンの何がしみに効果あるの?
一緒に摂ってシナモンの効果がアップするようなものって?

この結果を知れば、あなたも美肌を手に入れることへ、グッと近づきますよ!

今回は、私も実践している「シナモンのしみ対策の効果についてと、一緒に摂ることで効果絶大のあるもの」を紹介していきます。



シナモンのしみ・シワ対策の効果とは?


シナモンしみ効果毛細血管

シナモンの効果で、化粧品メーカーも注目している美肌毛細血管の関係。

シナモンのしみ・シワ対策に関係がある効果

  • 毛細血管の修復
  • 毛細血管の老化防止
について説明していきます。


毛細血管としみ・シワの関係


毛細血管は、髪の毛よりも細い血管で全身の隅々に張り巡らされていて、栄養酸素を必要な場所へ運び、老廃物を体外に排出する働きがあります。


なんと血管99%が毛細血管なんです。


毛細血管が元気なときは、栄養や酸素が体の隅々まで行き届き細胞は活性されます。


肌はハリがあり、メラニンが生成されても正常なターンオーバーで垢(あか)となリ排出されていきます。



しかし、
毛細血管のはたらきが弱くなると、血管から栄養酸素が漏れ毛細血管に炎症が起こります。


では…
栄養や酸素が必要な場所へ届かなくなると、どのようなことが起こるのか?


例えば、肌の場合ですと…
肌の線維芽細胞はコラーゲンを作る力が衰え、肌の弾力がなくなりシワの原因になります。

肌のターンオーバーが崩れ、色素成分のメラニンが深部に残り、シミやくすみの原因になるのです。

シナモンの毛細血管の修復効果!

 

そこで、必要になってくるのが毛細血管を修復するTie2(タイツ-)活性化することです。





Tie2(タイツ-)とは?

Tie2(タイツ-)は毛細血管の内側の内皮細胞の受容体になります。

そして、Tie2(タイツ-)は壁細胞から分泌されるアンジオポエチンー1を、しっかりと受け取ることによりにより活性化します。

毛細血管は、外側の壁細胞と内側の内皮細胞の二重構造になっていて、Tie2(タイツ-)のはたらきは、2つ細胞をくっつける接着剤のようなもの。



シナモンの有効成分は、Tie2(タイツ-)を活性させるアンジオポエチンー1と同じはたらきをします。



なので、シナモンを摂取することで有効成分がTie2(タイツ-)を活性化し、炎症を起こしている毛細血管を修復してくれるというわけです。



毛細血管の炎症がなくなり、栄養や酸素が届けられるようになると、肌細胞が活性されシミ・シワは改善されていきます。


シナモンの毛細血管の修復効果はこちらで詳しく紹介しています。

シナモンの毛細血管への効果がスゴイ!美肌マニアは見逃さない!


では続いて、老化防止効果について説明していきますね。

シナモンの老化防止効果


Tie2(タイツ-)が活性することで、毛細血管は修復され血管の老化を防ぐことができます。


そして、
シナモンの抗酸化作用老化防止に効果を発揮します。


老化を引き起こす原因と言われるのが活性酸素


紫外線やストレスなどが原因で、体の中の活性酸素が増えていき、体にとって必要な活性酸素も、増えすぎては細胞にダメージを与え、体をサビさせてしまいます。


そこで、シナモンの抗酸化作用老化防止に期待できるのです。


シナモンの抗酸化成分である良質なポリフェノールが、血管を酸化から守ってくれます


シナモンのしみに効果的な摂取量や時間


シナモンシミ摂取量

シナモンの効果的な摂取量0.6g

市販されている、シナモンパウダー(瓶入り15g)ですと、振り方に個人差はありますが
一振りおおよそ0.02~0.12g。

なので、一日6ふりくらいが目安になりますね。



そして、
Tie2(タイツ-)が活性するのはシナモンを摂取して、2~3時間後になります。


残念なことに、効果は持続しないので、複数回に分けて摂取するほうが効果的ですね。


では、
シナモンを摂取するのに、効果的な時間はいつなのでしょう?


基本、シナモンは薬ではないのでいつ摂っても構いません。


しかし、肌の修復を考えると、成長ホルモンが分泌されるのは就寝中。なので、就寝前にシナモンを摂取すると効果が期待できそうですね。


シナモンのリラックス効果で安眠できますよ^^


スポンサーリンク



シナモンでしみ予防!豆乳と合わせることで効果アップ!


シナモンシミ豆乳

豆乳に含まれる成分、大豆イソフラボンには血管の若返りに効果があります。

そして、女性ホルモンと似た働きをするのもイソフラボンの特徴です。


女性ホルモンが高まると、お肌のハリや髪のツヤが期待できます。

他にも、血管細胞を増やし体内のコラーゲンの生成を活性させる働きもあります。


イソフラボンには、シナモンの血管拡張作用と似た働きもします。


シナモンと豆乳を合わせることで、健康な血管と美肌を手に入れることが可能になりますよ^^


それでは最後に、今回お伝えしたことをまとめてみましょう。

まとめ


■シナモンのしみ・シワ対策の効果とは?

・毛細血管の修復
・Tie2(タイツ-)は毛細血管の内側の内皮細胞の受容体
・シナモンの有効成分は、Tie2(タイツ-)を活性させるアンジオポエチンー1と同じは
たらきをする。
・シナモンを摂取することで有効成分がTie2(タイツ-)を活性化し、炎症を起こしている毛細血管を修復してくれる。


・毛細血管の老化防止
・シナモンの抗酸化成分である良質なポリフェノールが、血管を酸化から守ってくれる。



■シナモンのしみに効果的な摂取量や時間
・一日の摂取量は0.6g
・Tie2(タイツ-)が活性するのはシナモンを摂取して、2~3時間後
・効果は持続しないので、複数回に分けて摂取するほうが効果的
・就寝前にシナモンを摂取すると効果的



■シナモンでしみ予防!豆乳と合わせることで効果アップ!
・豆乳に含まれる成分、大豆イソフラボンには血管の若返りに効果
・女性ホルモンと似た働きをするのもイソフラボンの特徴
・血管細胞を増やし体内のコラーゲンの生成を活性させる働きもある
・イソフラボンはシナモンの血管拡張作用と似た働きもする
・シナモンと豆乳を合わせることで、健康な血管と美肌を手に入れることが可能



今回お伝えした、シナモンのシミ対策への効果は恐るべし…といったところですね。


私もセイロンシナモンを摂りはじめて半年が過ぎました。


最近の発見で、頬骨にあったシミの周辺が少しずつ薄くなりだしています。
20年来の付き合いのシミなのでかなり頑固^^;


期待していなかっただけに驚きと嬉しさで満足してます^^


就寝前に豆乳でシナモンを摂るのは、私も実践していることなので期待できますよ!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る