平野歩夢のイヤホンのメーカーは?インスタのかっこいい画像まとめ

平野歩夢 平昌五輪 銀メダル
スポンサーリンク

平野歩夢選手、平昌五輪スノーボード・ハーフパイプ銀メダル獲得おめでとうございます。

一時は92.25の得点を出し王者・ショーンホワイト(アメリカ)を抑えて1位に。しかし3回目、完璧な滑りを見せたショーンホワイトに逆転され銀メダル。

平野選手、3回滑る中で満足のいく滑りが出来たのは2回目だけでした。

この1回の滑りで銀メダルを獲得したわけですから、平野歩夢選手のメンタルの強さ集中力は底知れぬものです。


…で、昨日の予選のときからずっと気になっていたのが平野選手の白色のイヤホン

あなたも気になっていましたか?

ということで、平野歩夢選手のイヤホンのメーカーをさっそく調べました。

そして、最近のインスタグラムで魅せる平野選手のかっこいい画像もまとめてみましたのでご覧くださいね。

関連記事⇒平野歩夢の兄も凄い!父の職業もメダル獲得に関係してる?

平野歩夢の白色のイヤホンがかっこいい!メーカーはどこ?


2018年2月13日、平昌五輪でスノーボード・ハーフパイプの予選が行われました。

予選が終了しインタビューを受ける平野選手の耳元に白色のイヤホンが…。

平野歩夢 スノーボード


こちらが平野歩夢選手がオリンピックで使用していたイヤホンです。

アップル Apple Beats by Dr.Dre BeatsX ワイヤレスイヤホン ホワイト MLYF2PA/A



ここで気になるのがメーカーですよね。


平野歩夢選手が使用していたイヤホンは、ビーツ・エレクトロニクスの「Beats by Dr.Dre (ビーツバイドクタードレ)」というブランド。


ビーツ・エレクトロニクスは、ヘッドフォンやスピーカーなどオーディオ機器のメーカーになります。



平野歩夢選手は1月のXゲームで優勝したときはもちろん、練習のときでも音楽を聴くことで集中力を高めるためにイヤホンを使用しています。

平野歩夢 イヤホン2


こちらの赤のヘッドフォンは「Beats by Dr.Dre (ビーツバイドクタードレ)」のカスタムモデルになります。

平野歩夢 ヘッドフォン



通常ヘッドの部分は「beats」と書かれているのですが、平野選手のヘッドフォンには「WALK THE DREAM」「夢に向かって歩き続ける」と入っています。


平野歩夢 イヤホン ビーツ

Beats by Dr.Dre ヘッドホン/Studio3 wireless (Bluetooth対応)


フィギアスケートの羽生結弦選手もそうなのですが、試合直前まで音楽を聞いて集中力を高めているそうです。


Beats by Dr.Dre (ビーツバイドクタードレ)」のイヤホンは、耳にしっかりとフィットするウィングチップが安定性をさらに高め、装着感が優れているところが選ばれる理由なのでしょうね。

平野歩夢のインスタグラムのかっこいい画像まとめ


スポンサーリンク



平野歩夢選手のインスタグラムでイケメンぶりが話題になっています。


確かに…ソチオリンピックの頃から比べると、19歳になり大人っぽくなったというだけでなく私服もオシャレですね。



では、平野歩夢選手のインスタからかっこいい画像を見つけてきましたのでご覧ください。


オシャレのポイントはニット帽。
平野歩夢 インスタグラム


ラッパーの紅桜さん?と一緒に。交友関係広いですね。
平野歩夢 インスタ画像


スケートボードで2020年東京オリンピックを目指しますか?
平野歩夢 かっこいい画像


とにかくかっこいい!そう思いませんか?
平野歩夢 画像


まるでモデルですよね。
平野歩夢 インスタグラム画像

19歳になった平野歩夢選手の、垢抜けてイケメンになった画像をまとめてみました。


平野選手が活躍することで、スノーボードのイメージアップにつながることは嬉しいことですね。

まとめ


平昌オリンピックのスノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得した、平野歩夢選手愛用イヤホンのメーカーについてお伝えしてきました。


ここぞ!というときの集中力を高めてくれたのも、イヤホンから流れる音楽の力もあったのかもしれませんね。


ソチオリンピックで銀メダルを獲得したときは15歳。


あれから4年間の中で、スノーボードの実力とともにイケメンぶりにも磨きがかかってきましたね。


平野歩夢選手のインスタグラムには、かっこいい画像が満載ですよ♪


平野歩夢選手の関連記事

平昌五輪での平野歩夢の髪型!師匠と呼ぶ國母和宏の真似?

平野歩夢の兄も凄い!父の職業もメダル獲得に関係してる?

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る