夜行バスの時間つぶし!バスの中や早く着きすぎるときはどうする?

夜行バス 時間つぶし

スポンサーリンク


私は、30代の男性ですが一人旅が好きでたまに日本各地に旅行や観光スポットをバスや電車などの公共交通機関を利用して行っています♪

私は、ケチンボですのでなるだけお金を節約した移動方法をとっているのですが、なかでも夜行バスが旅費を安く済ませるにはもってこいの移動手段だと思います^^

ですが、移動時間ってけっこう何をしていいかわからなかったりして時間のつぶし方法に悩みますよね^^;

夜行バスの良いところは、夜中に出発するので走行中を眠る時間に当てれるので上手く安眠できる人にとっては有効な時間の使い方ができると思います^^

でも、だいたいの夜行バスは定員一杯で出発していますので隣の座席に知らない人が座っている状態が多く、安易に自分が眠ってしまうと目が覚めた時には貴重品を盗まれていた!?というトラブルも多いのですよね・・・

なので、なるだけ貴重品は肌身離さず持っていたり、隠して置いた方が良いです!

また、夜行バスが目的地に早く着きすぎる事も多いので、どこで時間を潰そうかとまた考えるケースもあると思います。

今回は、夜行バスの中でおすすめの時間つぶし方法や早く着きすぎる場合の時間のつぶし方などについてご紹介します。

夜行バスの中での時間つぶし!おすすめは?

 
夜行バスの中でおすすめの時間つぶしの方法を体験も含め紹介していきます。

夜行バスは夜中に走行していますので、ある程度の時間になったらバスの中の電気が消灯されて眠れるような環境を作ってくれます。
 
 
ですが、すぐに眠れない人もいますし盗難が怖くて眠れないという人だっていると思います。
 
 
ちなみに私は、夜行バスや公共交通機関などの利用では盗難が怖いので、絶対に寝れないんですね(笑)
 
 
幸い、今まで物を盗られたり何かトラブルに巻き込まれたりという経験はないのですが…。
仮にそんな事をされたら、せっかく目的地についてもまったく楽しめなくと思いますので、あなたも気をつけてくださいね。
 
 
では、夜行バスの中でおすすめの時間つぶし方法は・・・


  • 音楽を聴く
  • スマホのゲームをする
  • スマホで動画鑑賞をする
  • ラジオを聴く
  • 財布の中のレシートを整理したり所持品の整理
  • スケジュール表を見て仕事の事を考える
  • 手紙を書く

夜行バスの中でおすすめの時間つぶし方法は、みんなこのような事をしているようです。
 
 
最近では座席下に電源が設置されている夜行バスが多いので、バッテリー切れの心配もなくスマホやパソコンで楽しく時間つぶしができますよ。
 
 
もちろん、私も音楽を聴いたりスマホをいじったりしています♪
 
 
なかには、小説や本などを読まれる人もいますが、後々、車酔いする人が多いようですので酔い止め薬などを持ってきていないのであれば、読書は控えた方が良いかもしれませんね。
 

スポンサーリンク


 

夜行バスが早く着きすぎる場合の時間つぶし方法は?

 
夜行バスが早く着きすぎる場合の時間つぶし方法をお伝えしますね。
 
 
夜行バスの中で、眠る事ができなかった人は何時間も時間をつぶさないといけないので大変だと思いますが、さらに目的地に早めに到着してしまった時は退屈な時間をまたつぶさないといけません。
 
 
早朝ですので、両親や友達と会話をしようにもまだ眠っている可能性が高いですし初めて訪れる土地だったらどこへ行けば良いのか途方にくれるかもしれません。
 
 
でも、安心して下さい良い時間のつぶし方はたくさんありますよ♪
 
 
夜行バスが早く着きすぎる場合の時間つぶし方法


  • 早朝から開店している銭湯や温泉施設を利用する
  • 早朝から開店しているファミレスやファーストフード店を利用する
  • 漫画喫茶・ネットカフェを利用する

ほとんどのお店は、午前9時~10時頃にオープンしている所が多いです。
 
 
ですので、長旅の疲れをお風呂やシャワーに入ってリフレッシュするのもいいですよ!
 
 
そしてゆっくりと朝食を食べて眠気を覚ましたり、旅行プランを見直しする時間に充てるなど、快適に一日をスタートさせるためにも、おすすめの時間のつぶし方です。


まとめ


夜行バスの中でおすすめの時間の潰し方法は、音楽を聴いたりスマホでゲームや動画を観たりする暇つぶしが時間が経つのが早いと思います^^
 
 
早く着きすぎる場合の時間つぶし方法は【早朝から開店している温泉施設・ファミレス・ファーストフード店や漫画喫茶・ネットカフェ】を利用するのが良いですね。
 
 
普段できないことができるのも、時間つぶしのいいところ。
時間使いの名人になってくださいね。
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る