入国審査で英語ができない人が準備しておくことは?質問と答え方まとめ

入国審査 英語 できない

スポンサーリンク

初めての海外旅行!
ワクワク!!楽しみな反面、困ったことはないかな…と、ドキドキも少なからずあると思います。

特に英語が出来ない方にとっては、言語の壁にぶつかることに不安を感じている方も多いみたいですね。

今は翻訳アプリが発達してるのでそれでコミュニケーションが取れる場合もありますし、買い物等では、必要なお金を渡すだけで済むかも知れませんが、

入国審査では、スマホアプリをかざしてたりするとちょっとカッコ悪いので、ほんの少しでもいいので、自分の力で英語が話せた方が良いと思います…!

流れと質問&答えのパターンさえ把握しておけば、そんなに難しいことはありません。



今回は、英語はまったく出来ない方も安心して旅立てるよう、入国審査の流れとそこで必要になる英語のパターンをご紹介したいと思います。

入国審査で英語が出来なくても大丈夫!!まずは流れを把握しよう

入国審査 英語 できない 流れ  
 

まず多くの空港では、飛行機から降りて入国審査のエリアに行くまでは、大勢の人と進路が同じだし、「immigration(入国審査)」と案内された看板が表示されているので迷うことはないと思います。
 
 
そのエリアに着いたら、international visitors/non-citizen visitors/foreigners等と表記された外国人観光客用の列に並び、「Next!(次!)」と呼ばれるのを待ちます。
 
 
※この段階でパスポートを出しておいたり、帽子や眼鏡を外しておくと、いざ審査の際よりスムーズになります。


入国審査でよくある質問と答え方を覚えよう

入国審査 英語 話せない  

バイリンガールちかさんの動画や、実際に英語で入国審査を通った自身の経験を元に、入国審査でよくある質問と答えのパターン、注意点をご紹介致します!!
 
 


 

入国審査でよくある質問:目的を訊かれて答える

 

質問
What’s the purpose of your visit?
:ホワッツ ザ ポァーポァス オブ ヨア ヴィジッ?
=目的はなんですか?
 
 

What are you here for?
:ホワット アー ユー ヒア フォァ?
=なんのためにここに来たのですか?
 
 

答え
(For) sightseeing/trip.
:(フォー)サイトシィーイング/トリップ
=旅行です。
 
 

※バイリンガールの動画でもありましたが、万が一目的を訊かれた際は必ず観光とだけ答えるようにしましょう!
 
 
「友達や家族に会いに行く」「勉強をしに行く」などとあまり具体的なことを言ってしまうと、「どんな友達なの?」とか「どこの学校に行くの?」と細かく尋ねられてしまう可能性があります。(例え本当だとしてもそこまで言う必要ありません)


入国審査でよくある質問:観光かどうか訊かれて「はい」と答えるだけのパターン

 

質問
For sightseeing(trip)?
:(フォー)サイトシィーイング/トリップ
-観光ですか?
 
 

答え
Yes.
:イエス。
-はい。
 
 

※わたしの経験上、こちらが日本人(=英語圏の人じゃない)ってわかると、①よりもこの質問をされることが多いです。
 
この場合、「sightseeing」や「trip」という「旅行、観光」のニュアンスの英語さえ聞き取れれば問題ありません。


入国審査でよくある質問:滞在日数を訊かれて答える

 

質問
How long are you staying? /How long is your visit?
:ハウ ロン アー ユー ステーイン?/ハウ ロン イズ ヨア ヴィジッ?
=どれくらい滞在しますか?
 
 

答え
Three days.
:スリーデイズ
=3日間です。

One week.
:ワンウィーク
=一週間です
 
 

主に訊かれる可能性がある内容とパターンはこの3種類になります。
 

※英文の下にふってあるカタカナは英語が話せないという方の為に、なるべくネイティブの発音に近いと思ったものを書いておりますが、動画や音声などで必ず実際の発音をあらかじめ聴いておくことをおすすめします。


まとめ

入国審査するというと、少しドキドキしてしまうかも知れませんが、上記のフレーズの主なものさえ覚えておけばそんなに怖がる必要はありません。

空港や職員などによっては、②だけで終わることもよくあります。
 

ただし、ある方の海外旅行のエピソードで、「緊張してもじもじしていたら、怪しまれてしまった!!」なんていうのもありますので、例え英語が上手でなくても、顔を上げて堂々と、簡潔にお話しするのは大事だと思います!!
 

初めての海外旅行に行く方が、今回ご紹介させていただいた内容を見て安心して入国審査に臨むことが出来れば幸いです。

Have a nice trip!!
(良い旅を!!)

 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る