美術館デートで手をつなぐタイミングは?その時の男性心理って?

美術館デート 手をつなぐ

スポンサーリンク

意中の女性との美術館デート中に手を繋ぎたい…!!
でも付き合ってはないのに良いのかな…

…と思っている男性の皆さんにとって、

どんなタイミングで繋げば良いのか、悩みどころですよね。

そこで今回は、より素敵な美術館デートにするための手を繋ぐタイミングと、

女性は付き合ってない段階で手を繋いでくる男性に対してどう思っているかをお話します!!

付き合う前の気になる人と美術館デートで手を繋ぐタイミングは?

美術館デート 手をつなぐ タイミング  
 
あなたや意中の女性の性格や関係性等によって異なりますが、いずれにしても、「どうしても手が繋ぎたい」感が出たり、不自然だったりすると、気持ち悪い!!と思われてしまう可能性がありますのでどれも自然な感じで行いましょう!!
 
 
 
①入場する際

どんな絵が見れるんだろう!と一番ドキドキワクワクした状態になれるのは入場の時。

また、デートが始まったばかりで女性は緊張している可能性も。

「じゃあ行こっか」と手をとって導いてあげると女性は安心します。
 
 
 
②作品を見ながら

絵を見る時って自然な感じで女性と横に並びますよね。

その作品についてお話しながら女性の手を軽く握ると、女性はドキッとします。

ただし、指を絡ませたりするのは不気味に思われる可能性があるので控えましょう。

指先を軽く掴むくらいがちょうど良いです。
 
 
 
③「こっちこっち!」と一緒に観たい作品に導く時

こちらの動画を見てください。

 
 

山崎賢人さんが暖かい場所に女性を連れて行っているのを参考に、女性をお目当ての絵のところに連れていきましょう。
 
 
好きな男性にされたら、キュンとしますよ^^
 
 
手と手が触れていることに抵抗がなさそうだったら、そのままその後も手を繋いでOK!
 
 
 
④女性から繋いできたら/繋ぎたそうにしてたら

「あ〜素敵だね」って感極まりながらあなたに軽く触れてきたりした場合は、OKサイン。
 
 
むしろ「あなたと手を繋ぎたい」と思っていますので、振り払ってはいけません。
 
 
 
⑤美術館を出たら

美術館の中でも良い感じのムードで、出た時に微笑みながら余韻に浸っていたり、ただ絵が見れて嬉しいってだけでなく、あなたと一緒に居れて嬉しそう!


そんな様子がうかがえたら、

「僕も楽しかったよ」って、そっと手をつないで一緒に幸せな気持ちをわかちあいましょう!!
きっと喜びます!!
 

スポンサーリンク


 

付き合う前に手を繋ぐ男性心理って特別な理由があるの?

付き合う前に手を繋ぐ 男性心理  
 
付き合ってないけど男性が手を繋いでくる理由に対し、女性は以下のように考察しているパターンが多いです。
 
 
①告白するのが怖いの?

草食男子が多い世の中です。
付き合う前に手を繋いでしまう多くの男性の気持ちはコレなんじゃないでしょうか?
 
 
特に、絵に興味があって美術館デートに来る男性は、真面目だったり草食男子であるパターンが多いです。
 
 
だから告白する勇気がなくて手を繋ぐことで好意を伝えてるのかな〜と女性は認識します。
 
 
 
②わたし軽くみられてる?

ちょっと手を繋いだくらいで「あなた体目当てでしょ!!」って怒る女性はそんなにいないですが、手を繋ぐというのも、スキンシップの一つです。
 
 
まだ彼女でない段階でされてしまうことで、男性から「多少軽く見られてる?」「男慣れしてるように見られてる」のかな?と思ってしまう女性もいます。
 
 
付き合う前に恋人らしいことはしたくないという女性には、無理に手を繋ごうとしてはいけません。
 
 
 
③頑張ってくれたのかな?

女性にとって、やはりデートは緊張するもの。
恋愛経験が少なかったり、年下であればなおさらです。
 
 
なのでそのような女性は、「頑張ってデートをリードしてくれてるな~」「気を遣ってくれてるんだな」と手を繋いでくれたことに対し自分への好意だけでなく、安心感も感じているでしょう。


まとめ


付き合ってない女性との美術館デートで、手を繋ぐタイミングについていくつかパターンをご紹介させて頂きましたが、

タイミングさえ良ければよいというのではなく、最初にお伝えした通り、女性の気持ちを考えて行動するのが大事です。

そして、付き合ってないけど男性が手を繋いでくる心理に対し女性が思うことも様々ですので、

焦らずに、意中の女性との距離を縮めていって下さいね。
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る