旅行前にゴミ出しできないときの対処法は?夏場の生ゴミ1週間放置は怖い!?

旅行前 ゴミ出し できない

スポンサーリンク


ゴミ出しの日が決まっていて、旅行当日のゴミ出しができない時は、本当に困りますよね。


旅行前は、ゴミを出さないような食生活をしたいところですが、どうしてもゴミが出てしまうことがあります。


そこで、今回はゴミ出しができないときの対処法を紹介します。

対処法をいくつかお伝えしますので、あなたに合った方法を選んでくださいね。

旅行前にゴミ出しできないときの対処法1:冷凍する

旅行前 ゴミ出し 冷凍する  
 
いくら旅行前にゴミ出しができなかったと言っても、生ゴミを1週間放置するのは絶対にNGです!
 
 
腐る、臭いは出る、虫は発生するなど、大変なことになってしまいます。楽しかった旅行から帰ってきて、大変な状況を目の当たりにすることはつらいですからね。
 
 
ここからは、生ゴミの対処法として冷凍する方法を見ていきましょう。
 
 
まず、野菜くずや魚の骨などをきれいに洗って、水気を切り、ビニール袋に入れます。
さらに、ジップロックに入れてジッパーで密閉します。
 
 

ジップロックにマジックなどで「生ゴミ」と書いておけば、後で、他の冷凍食品と間違えることもありません。
 
 
そして、すぐに冷凍庫で冷凍します。

冷凍しておけば、腐ることも臭いが出ることもありません。
 
 

旅行から戻ったら、冷凍した生ゴミを可燃ゴミ収集日に出すことを忘れないでくださいね。
 

スポンサーリンク


 

旅行前にゴミ出しできないときの対処法2:作り置きをする

旅行前 ゴミ出し 作り置きをする  
 

夏に生ごみを放置しておくことの恐ろしさは、対処法1でお伝えしたとおりです。
 
 
生ゴミを冷凍する方法はとても良い対処法なのですが、中には、食べ物と一緒に冷凍することに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
 
そんな方におすすめしたいのが、作り置きをすることです。
 
 
たとえば、可燃ゴミ収集日が木曜日であれば、水曜日までに木曜日・金曜日までの食事を作り置きしておきます。
 
 

こうしておけば、木曜日や金曜日に調理をしないので、生ゴミを出さずに済みますよ。

旅行前にゴミ出しできないときの対処法3:外食・お弁当を購入する

旅行前 ゴミ出し 外食・お弁当  
 
可燃ごみ収集後は、外食にすれば、ゴミがまったく出ないので一番楽な方法です。
 
 
お弁当を購入して家で食べても良いですが、食べ残さないようにしてください。食べ残しは生ゴミになってしまいますからね。
 
 
食べ終わった容器をそのまま放置しておくことは絶対に避けてください。
 
 
容器についているタレや食べ物のカスから臭いが出たりしますから、容器はきれいに洗って乾かしてから、部屋のゴミ袋に入れておきましょう。
 
 
ゴミ袋に重曹大さじ1または消臭剤を振りかけておけば、臭いを抑えると同時に雑菌も抑えてくれます。
 
 
重曹は、漂白剤としても使えますから、1つ用意しておくと便利ですよ。

旅行前にゴミ出しできないときの対処法4:処理場に直接持ち込む

旅行前 ゴミ出し 処理場  
 

車で処理場に持ち込める方に限りますが、直接持ち込みはとても良い方法です。

ただし、事前に処理場に問い合わせておきましょう。


旅行前にゴミ出しできないときの対処法5:生ゴミ処理機やディスポーザーを使う

旅行前 ゴミ出し ディスポーザー  
 
どちらも、持っている方限定の方法になります。
 
 

生ゴミ処理機は王道の処理方法です。
 
 

処理機は数万円と高価ですが、多くの自治体が助成金を出していますので、購入を考えているのであれば確認してみると良いですね。
 
 
 
 

ディスポーザーはシンクの下に設置して、生ゴミを粉砕処理し下水に流すものです。

最新のキッチン設備には、ディスポーザーがついているものがあります。

旅行前にゴミ出しできないときの対処法6:コンポストを使って堆肥にする

旅行前 ゴミ出し コンポスト  
 

コンポストは、家庭ゴミを堆肥化する容器のことです。
 
 
ガーデニングや家庭菜園をやっている方であれば、生ゴミが良い土づくりに役立つのでおすすめです。

まとめ

一般的なものから少し特殊なものまで、生ゴミの対処法を色々と紹介してきました。
 
 
私の家では、対処法3「外食・お弁当を購入する」という最も簡単な 方法を取っています。とにかく楽な方法なので、おすすめです!
 
 
ところで、生ゴミをサービスエリアや他の収集地区に出す方を見かけることがあります。
 
 
これは、マナー違反・ルール違反ですし、トラブルの元にもなりかねませんから、絶対にやめてください。
 
 

どうかゴミ出しのルールを守って、ご自分に合った方法で対処してくださいね。
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る