手作りクッキーの日持ちはどのくらい?常温での保存方法は?

手作りクッキー 日持ち 常温

手作りクッキーは、もらって嬉しい、食べても美味しい、お友達の誕生日プレゼントにピッタリですね。

でも、手作りクッキーは市販のものと違って、日持ちの点で心配です。

そこで今回は、手作りクッキーの賞味期限や最適な保存方法を紹介します。

 

手作りクッキーの日持ちは?冷蔵庫と常温では賞味期限は違うの?

手作りクッキー 日持ち  
 
例えば…木曜日にクッキーを手作りして土曜日に渡す場合、どのくらい日持ちするのか気になりますね。

 

結論から言いますと、

日持ちの心配をする必要はありません。全然問題ないです。

 

ただ、クッキーの種類によって賞味期限が異なります。

一番賞味期限が長いものは、バターや卵が少ないシンプルなクッキーです。

 

この場合ですと、むしろ1~2日置いた方が油脂がなじんで美味しくなります。

なので木曜日に作って土曜日に渡すプレゼントに最適ですね。

 

バターが多いクッキーは酸化して油焼けしやすいので、長く置くとイヤなにおいがします。

 

クッキーの中にチョコやナッツなどが入っているものや、しっとりしたクッキーも水分が多く含まれるので、賞味期限が短くなります。

 

また、シガレットのような薄焼きクッキーは湿気に弱いので、シリカゲル乾燥剤がないとすぐにフニャフニャしてしまいます。

 

手作りクッキーの賞味期限は、1週間程度だと言われていますが、常温保存で美味しい状態が保てるのは3日くらいです。

 

クッキーは、常温保存ができるお菓子です。

高温で焼くので、カビや雑菌が死滅するからです。

 

手作りクッキーの日持ち 夏場はどうする?

ただ真夏は、バターなどの油脂分が酸化して傷みやすくなるので、冷蔵庫に入れた方が長持ちします。

 

冷蔵庫に入れる時は、シッパー付きの保存袋にシリカゲルと一緒に入れて、空気をしっかり抜いてから保存してください。

尚、シリカゲルは100均ショップで購入できます。

 

食べる時は、冷蔵庫から取り出した後、できるだけ早く風通しの良い場所に移してください。冷蔵庫から常温の場所に移すと、温度差で結露が発生し、クッキーが湿気を含んでしまうからです。

 

この理由から、夏場以外は、クッキーを冷蔵庫で保存しない方がいいです。
 


 
 

手作りクッキーを日持ちさせる保存方法!シリカゲルは必要?

手作りクッキー 日持ち 保存方法  
 
ここでは、手作りクッキーを日持ちさせる保存方法を見ていきましょう。

 

クッキーを日持ちさせるには、クッキーの中の水分をしっかりと飛ばすことが必要です。

 

クッキーの水分は、冷ましている時に、水蒸気として飛んでいきます。

クッキーをオーブンのプレートに置いたままにしておくと、クッキーの裏側に水分が残ってしまいます。

 

これを避けるためには、焼きあがったクッキーを網の上に、直に置きます。クッキーを空気に触れやすい状態にするためです。

 

クッキーの中の水分をしっかり飛ばすと、乾燥したクッキーができあがります。

 

中に水分が残っていると、保存している間にクッキーの表面に出てきて、カビや傷んでしまう原因になります。

 

クッキーが完全に冷めたら、シリカゲルを入れた密閉容器に入れておきます。直射日光、高温、多湿を避けて保存してください。

 

その後、クッキーを包装する際にも、必ずシリカゲルを入れてください。こうしておけば、クッキーが湿気ることがありません。

 

クッキーのラッピングはこちらの記事で詳しくまとめています。
クッキーをラッピングするときの湿気対策!乾燥剤は必要?
 
 
さらにクッキーを長く保存したい場合は、冷凍保存がおすすめです。1ヶ月くらい日持ちします。

 

冷凍する時は、ジッパー付きの冷凍用の保存袋で保存しましょう。

 

冷凍したクッキーを解凍する時は、自然解凍すると湿気てしまい、美味しくありません。

 

そこで、凍ったままの状態で、電子レンジで1分ほど加熱。

熱で水分を飛ばすことができるので、サクサク感が戻ってきますよ^^

 

オーブントースターを使うと、さらにサクサクになります。

ただ、オーブントースターは焦げやすいので、アルミホイルをクッキーの上にかぶせ状態を確認しながら加熱してくださいね。

 

まとめ

今回は、手作りクッキーの賞味期限や最適な保存方法を紹介しました。

 

少ない材料で簡単に作ることができるクッキーは、お菓子初心者にもおすすめの手作りプレゼントです。

 

しかも手作りクッキーは、防腐剤や添加物が入っていないので、安心して食べられます。

とっておきのクッキーで、お友達を喜ばせてあげましょうね!
 


 
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る