牛乳の賞味期限切れはいつまで飲める?加熱すれば使える?

牛乳 賞味期限切れ

スポンサーリンク

 
冷蔵庫に常備されていることの多い牛乳。
健康にも美容にも良いことがたくさんで、普通に飲んでも美味しいですよね。


朝食ではコンフレークにかけたり料理に使ったりと、何かと便利なのですが、

「気がついたら賞味期限が過ぎてしまった…」

ということ、ありませんか?

賞味期限の過ぎた牛乳を飲んでお腹を壊した…なんて話もよく聞きますし、賞味期限切れの牛乳は捨てた方がいいというイメージがあります。


しかし賞味期限って
「この期間なら美味しく食べられますよ」
という期間ですよね。


もしその期間を過ぎて口にした場合、危険だったら「消費期限」になるはずです。


そこで今回は
牛乳の賞味期限切れはいつまで飲めるのか?加熱すれば使えるのか」について調べてみました。

 

牛乳の賞味期限切れはいつまで大丈夫?未開封と開封の場合

f:id:tuiteru7886:20181023163628j:plain  
 
牛乳の賞味期限切れを飲んでも大丈夫な日数は、未開封と開封の場合で異なります。

 

牛乳に記載されている賞味期限というのは

未開封だった場合の賞味期限となります。


牛乳の賞味期限
  • 未開封の場合⇒一週間
  • 開封している場合⇒2,3日



 

未開封だったら仮に賞味期限を過ぎてしまっても、一般的に1週間ぐらいは大丈夫と言われています。

 

逆に開封してしまったら2、3日以内には飲み切った方がいいようです。

 

というのも、牛乳は栄養価が高い反面、雑菌が入ると増殖しやすいからです。

 

しかし1000mlの牛乳を、2~3日で飲み切るのはなかなか難しいですよね。

 

そこで開封後の牛乳は傷んでないか判断するポイントをお伝えします。

 

開封後の牛乳はここに注意!

  • 白いつぶつぶや黄ばみがある
  • ヨーグルトみたいにドロドロしている
  • 酸っぱい臭いがする
  • 味に違和感がある(酸味や苦みを感じる)


 

牛乳は冷蔵庫で保存をしていれば、開封後でも賞味期限内は大丈夫です。

とは言え、もし違和感があったら、もったいないと思わず処分してくださいね。

 

ちなみに牛乳によっては
賞味期限ではなく消費期限が記載されているものもあります。

 
🚩賞味期限と消費期限の違い!
  • 賞味期限…美味しく食べられる期限のこと
  • 消費期限…安全に美味しく食べられる期間のこと

消費期限の場合は、
その期限が過ぎたら処分するようにしましょう!
 

スポンサーリンク


 
 

牛乳の賞味期限切れは加熱すればOK?傷みを見分けるポイント

f:id:tuiteru7886:20181023163644j:plain  
 
牛乳を開封して数日経っていても、臭いや見た目に異常がなければ飲んでも大丈夫です。

 

でもうっかり「賞味期限が切れてた…」と心配な場合は加熱しましょう。

温めてホットミルクにして飲むのもいいですし、ホワイトシチューやクリームパスタなど、調理に使うのもいいですね。

 

このときチェックしてほしいことは、温めた時に脂肪分が固まっていないか
 
 
 

傷んだ牛乳の見分け方!

固まったり分離して、おぼろ豆腐のようになっている
 
 

牛乳を加熱し上記のような状態なら、使うことはできないのであきらめましょう。

温めたり調理に使う前には、まずは異常がないか要チェック!!

 

まとめ

今回は、「牛乳の賞味期限切れはいつまで大丈夫なのか」についてお伝えしてきました。

最近は製法技術の発達のおかげで、賞味期限の長い牛乳も増えています。

 

しかし牛乳の賞味期限は「未開封」の場合でしたよね。

ですので、開封後は牛乳に異常がないか確認するようにしましょう。

 

特に夏は傷みやすいので要注意ですよ!

もし心配だったら…そうです!加熱すること。

そして牛乳に膜がはり、普通に湯気が出てきたら飲んでも大丈夫。

しかし、加熱して牛乳が次第に固まり分離しはじめておぼろ豆腐のようになったら、確実に傷んでいます。

このチェックができれば、牛乳の賞味期限切れでビクビクすることはないですね^^
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る