クリスマスプレゼント!高校生の彼女が喜ぶペアリングは?

クリスマスプレゼント 彼女 ペアリング

スポンサーリンク

クリスマスプレゼントを悩む季節になってきました。高校生の彼女へのクリスマスプレゼント…悩んじゃいますよね。

クリスマスプレゼントの定番といえば、ペアリングもそのひとつ!

素敵な指輪は女の子の憧れです!
おしゃれやトレンドに敏感な女子高生だからこそ、人気のアクセサリーをもらったら、喜ぶこと間違いなし!しかも大好きな彼と同じならもっと嬉しくなるものです。

今回は、高校生の彼女が喜ぶクリスマスプレゼントのペアリングについてお伝えしていきますので、是非参考にしてくださいね。

今年のクリスマスはおそろいのペアリングでリア充クリスマスを楽しみましょう!

彼女へのクリスマスプレゼント!ペアリングを選ぶ時のポイントは?


クリスマスプレゼント  彼女 ペアリング 選び方

大切な彼女へのプレセント選び!
失敗しないためにも、ペアリングを選ぶ時のポイントは押させておきたいですね。

ポイントは次の3つ!


  • 金属アレルギー
  • 指輪のサイズ
  • デザイン
ではそれぞれ詳しくみていきましょう!

金属アレルギー


金属アレルギーは個人差もありますが、どんな人でも症状が出る可能性があります。
 
 
彼女が過去に、貴金属で肌がかぶれたりしていないかを確認しましょう。
 
 
また、今つけているアクセサリーでアレルギーが出ていなければ、その素材のリングを選ぶのもひとつの選択肢です。

指輪のサイズ


やはり指輪で重要になってくるのは、サイズですよね。プレゼントして、いざはめるときにサイズが合わなかったら…。
 
 
サプライズの指輪だから直接は聞きたくないという方、以下の方法を参考にしてみてください。
 
 

  • 雑貨屋さんなどで指輪を付けてもらい、ぴったりの指輪のサイズをこっそり確認する。

  • 彼女の友人に聞き出してもらう。

  • 「指細いね~、何号ぐらい?」など普段の会話の中でさりげなく指輪のサイズを聞く。

デザイン


ペアリングにも色々なデザインがあります。
 
 
シルバーやゴールド、プラチナなどの素材から、カジュアルでポップなものや、少し大人の高級感のデザインの指輪まで。
 
 
彼女の好みにあったデザインの指輪を選ぶのが一番良いですが、彼女の好みがわからない...そんな場合もあると思います。
 
 
そんなときは、毎日どこへ行くにも付けていられる、シンプルなデザインがベター。


カジュアルやシックな服どれにでも合わせやすいデザインであれば、ずっと付けていることができますからね^^
 

スポンサーリンク


 

彼女が高校生 ペアリングの予算は?

女子高生 プレゼント 指輪  
 
高校生のペアリングをプレゼントする場合、予算としては1万円~2万円前後が相場になっています。


圧倒的な意見としては、「あまり高額なペアリングをは避けた方が良い」でした。


なぜなら、あまりにも高額だと、お返しに困ってしまう場合があるから。


高校生だと、バイトをしている方も多いと思います。ですが、部活動が忙しかったり、受験勉強でバイトどころではなかったり…。
 
 
そうなると彼女はお返しに困ってしまう可能性があります。何よりも金額ではなく気持ちが重要ですよ^^

高校生の彼女が喜ぶペアリング!人気のブランドは?


女子高校生に圧倒的人気のペアリングのブランドは、次の3つになります。

ザ・キス(THE  KISS)



 
 
リーズナブルなものから高価格なものまである上に、かわいらしいデザインも豊富。
日常使いが出来るディテールで女子高生から高い人気を得ています。

サマンサティアラ(Samantha Tiara)



 
 

洗練されたデザインの高品質なアクセサリーを手ごろな価格で購入できるので高校生をはじめ若者に人気です。

独自素材の「ファインスティール」というステンレスを使用しているため、金属アレルギーを起こしにくいのも特徴!

ティファニー(Tiffany & Co)





1837年にアメリカで創業された、シルバー&ジュエリーの世界的人気ブランドです。
プレゼントとしても定番のブランドになっていて、幅広い品質と価格で多くの女性から支持されいています。

まとめ


クリスマスプレゼントに高校生の彼女へ贈るペアリング。
ペアリングで今以上に仲良くなれること間違いなしですね^^

きっと彼女も、あなたとおそろいの指輪をプレゼントされると感動して泣いちゃうかも。
彼女にピッタリの素敵な指輪が見つかる事を願っています^^
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る