紅白歌合戦2017の視聴率・安室奈美恵なら50%は可能?

安室奈美恵 紅白歌合戦2017

スポンサーリンク

紅白歌合戦の視聴率を上げるには安室奈美恵さんの存在は大きいようです。仮に安室奈美恵さんが出場すれば視聴率は50%を超えることも可能かもしれませんね。

今回は、紅白歌合戦の視聴率の推移から見るNHKの安室奈美恵さんへの願いを予想しながら調べてみました。

→先ほど2017年紅白歌合戦が終わり、安室奈美恵さん「Hero」の熱唱を聴くことができ感動しています!

安室奈美恵 紅白2017

多分、紅白歌合戦歌手別視聴率ではダントツ1位でしょう。そして、60%は確実に超えていると予想しています。

→紅白歌合戦を見逃した方やもう一度じっくり見返したい方はこちらをチェック!
紅白歌合戦2017の見逃し配信は?無料で賢く観るなら?


視聴率の詳細が分かり次第、追記してまいりますのでしばしお待ちくださいませ^^


最近、自分のことを語り始めた安室奈美恵さん。
こちらの関連記事でも紹介しています。
安室奈美恵がNHK特番で語る!小室哲哉との出会いと重圧とは?2

紅白歌合戦の視聴率の推移から見る安室奈美恵出場への願いとは?


紅白歌合戦 視聴率
引用元:http://www.nhk.or.jp


まずは紅白歌合戦が、国民の10人に8人は観ていたと言われる視聴率黄金期から最近の低迷ぶりなど、視聴率の推移を簡単にお伝えしますね。



第1回紅白歌合戦は1951年にスタートします。

このときは、出場歌手はわかっているものの曲目や曲順は公表されていませんでした。

相手の出方をみて紅組・白組それぞれのキャプテンが誰に何を歌わせるか決めていたそうです。

視聴者にとってはワクワクして楽しめたと思いますね。


視聴率のデータが分かるのが第13回(1962年)からになります。

第14回紅白歌合戦では最高視聴率81.4%!


第14回(1963年)ではなんと、最高視聴率81.4%(関東地区)を記録。

このときの紅組トリは「美空ひばり:哀愁出船」白組トリ「三波春夫:佐渡の恋唄」でした。



その後1980年代までは紅白歌合戦のことを「怪物番組」と言われるほど、毎回テレビ視聴率が非常に高かいNHKの看板番組でした。



当時を思い出すと、子供にとって12月31日の紅白歌合戦は、唯一遅くまで起きて観ても良い番組でした。

なので特別感がハンパなかった記憶があります。(興味のない歌手のときは、おトイレタイムと決めていました^^;)



そして新学期が始まり登校すると、紅白の出場歌手の衣装の話題で持ちきりでした。懐かしいですね^^;



しかし、怪物番組とまで言われた紅白歌合戦にも陰りが見え始めます。

第66回紅白歌合戦では視聴率39.2%に!


第66回(2015年)の視聴率はなんと39.2%

最高期の半分以下まで低迷してしまいました。



この年のトリを務めたのが、紅組「松田聖子・赤いスイートピー」白組「近藤真彦・ギンギラギンにさりげなく」でしたね。

個人的に、松田聖子さんの赤いスイートピーは懐かしく聞いていたのですが、正直、マッチがなぜトリを務めるのかわかりませんでした。(マッチファンの方スミマセンm(_ _)m)

第67回紅白歌合戦では最高視聴率40.2%に持ち直すが…


第67回(2016年)に視聴率は40.2%へと40%台に持ち直したものの、苦戦が隠せないNHK紅白歌合戦といったところでしょうか。


この年は、紅白のギリギリまでSMAPが出場するか…で持ちきりでしたね。


SMAPの出場は実らなかったのですが、の「紅白スペシャルメドレー」や星野源の「恋」で審査員席にいたガッキーこと新垣結衣さんの恋ダンスは?などの話題性もあり、視聴率も上がったのだと思います。



さて、話題性に欠ける2017年の紅白歌合戦。

だからこそ、安室奈美恵さんの出場をなんとしてでも叶えたいわけです。

安室奈美恵さんが出場していたときの視聴率は?


安室奈美恵 紅白 97年
引用元:http://www.sponichi.co.jp


安室奈美恵さんが出場した第48回(1997年)では、3回目の出場にして初のトリを務めた年でした。

そしてこの時の視聴率50.7%!

曲目は「CAN YOU CELEBRATE?」


この時の安室奈美恵さんはまさに時の人。


TRFのダンサーSAMさんとの結婚発表!
そしてデキ婚だったので、出産・育児のために1年間の休業に入るという話題性もありました。




そして翌年第49回(1998年)

安室奈美恵 紅白 1998
引用元:http://www.bilibili.com


1年ぶりに公の前に登場
ママになった安室奈美恵さんということで話題性も十分です。

視聴者は「安室ちゃんを見たい!」と(私もその一人でした^^;)、視聴率は57.2%!

曲目は第48回と同じ「CAN YOU CELEBRATE?」でした。



もちろん、安室奈美恵さん一人の力ではないのですが影響力が多大なのは確かです。



となると…

2017年はこれと言った話題性のある楽曲がなく、どちらかと言えば地味な紅白になりそうな予感。



ならば、2017年9月20日に電撃引退発表「2018年9月16日に引退」をした安室奈美恵さんは、12月31日今年を締めくくるのに一番ふさわしい人と誰もが思うわけです。

→第68回紅白歌合戦に安室奈美恵さんの出場が決まりました!



第68回(2017年)紅白歌合戦が華やかな盛り上がりをみせるには、安室奈美恵さんの存在は大きいのではないでしょうか。

安室奈美恵が紅白出場に出した条件とは?


スポンサーリンク





ここでNHK側と、安室奈美恵さんサイドとで紅白歌合戦出場にむけて、考え方や曲目などでズレが生じているようです。


双方の意向を簡単にまとめると次のようになります。

◆NHK側

・考え方⇒安室奈美恵の出場は最後の機会
・曲目⇒代表曲を歌ってほしい


◆安室奈美恵さん

・考え方⇒紅白出場するなら通過点
・曲目⇒新曲を歌いたい



NHK側の番組構成からいくと、安室奈美恵さん出場は最後の機会になります。


披露してほしい曲目はもちろん「Hero」や「CAN YOU CELEBRATE?」など、NHKへの貢献度が高い代表曲になります。



一方、安室奈美恵さんサイドでは「引退は2018年9月16日」でありラストツアーが続くので「紅白歌合戦」はいわば通過点なのです。

安室奈美恵 沖縄ライブ 第2ブロック
引用元:Hulu



だから紅白歌合戦で引退色を全面に出してほしくないとの考え。



この気持、よ~くわかります。
正直「勝手に終わりにしないでね…まだ続きますので。」との心境ですよね。



このことからも曲目は、過去の栄光の曲よりは今の私を見て!との思いから歌うのは新曲を希望しているようです。




でも新曲を歌いたいのは他の歌手も同じ気持ちでしょうね。

視聴率40%を超える番組の中で新曲を披露できれば、来年への仕事足がかりにもなるでしょうから…。




しかしこの希望を提示できるということは…
NHKと安室奈美恵さんの立場が逆転した、とも考えることが出来ます。



ですので、安室奈美恵さんサイドが条件を出すということは、出場の可能性があると考えることができると思いませんか?



  • 引退色を全面に出さない。
  • 新曲と代表曲を織り交ぜた構成にする。


この条件が整えば、安室奈美恵さん出場も夢ではないですよね。

→願いが叶い、安室奈美恵さんが出場します。
NHKホールではなく別会場からの、生中継・生歌唱になり、曲は「Hero」1曲です。



12月に入るとまた動きが出てくると思いますので、最新情報は追記していきます。

安室奈美恵さんの紅白歌合戦出場、期待したいですね。

まとめ


今回は、紅白歌合戦の視聴率を上げるには安室奈美恵さんなら50%は可能?についてお伝えしてきました。

なにも安室奈美恵さんだけが出演者ではないのですが、やはり注目される人がその中にいるだけで視聴率には大きく影響します。


私は彼女の生き方に興味があり最近色々と追跡しているのですが、単純に「観たいから」との思いは第48回・49回紅白のときと同じです。


今年の紅白も楽しみにしていますので大いに視聴率に貢献しますよ^^

あなたの2018年を占ってみる?

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る