木村佳乃の両親がスゴイ!実家はどこ?英語力の影には親あり!

スポンサーリンク

木村佳乃さんの最近の活躍ぶりは見るものをワクワクさせてくれます。
ワクワクするのは演技だけでないですね。木村さんのご両親もスゴイので、華麗なる一族ぶりを知ってしまうとワクワク度が増してしまうかも!才色兼備・木村佳乃の背景を探ってみました。



木村佳乃のプロフィールと両親

生年月日:1976年4月10日(39歳)
出生地:イギリスロンドン
出身地:東京都世田谷区
身長:169㎝
血液型:A型
所属事務所:トップコート
学歴:成城大学文芸学科英文学科卒業
小学校から成城学園で学ぶ
高校時代は馬術部に所属。3年生の時、馬場馬術競技でインターハイ出場の経験を持つ。

 

女優志望のきっかけは?

中学時代過ごしたニューヨークで、ブロードウェイミュージカルに親しんだことが、
後に女優を志すことに大きく影響しているようです。

 

読者モデルをしていた高校2年の時日本航空JALのCMに出演。
その後は、ドラマや映画など数々の作品に出演し、
なかでも2007年に公開された世界のホラー映画の巨匠13人が競作する「マスターズ・オブ・ホラー」シリーズの『DREAM CRUISE』に主演し、ハリウッドデビューを遂げる。

 

最近では、バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!新春2時間スペシャル』にも出演し、
本格的なバンジージャンプやほっかむり姿で熱湯風呂への伝統芸にも挑戦する。
この出演を期に、ファンの裾野を一気に広げることが出来たようですね^^

イッテQこれには、夫ヒガシのアドバイスも効いているようで・・・
仕事を引き受けようか「どうしたらいい?」と相談したら、こう言い渡されたそうです

何を言ってるんだよ、全部やるんだよ!こちらから出演を希望したにもかかわらず「コレができない、アレができない」と注文をつけるなら、最初から出るな!

こちらから希望したとは、
実は娘さんがこの番組のファンらしく木村佳乃に出演を切望していたとか。
母は強し!ですね。

 

両親の職業は?

才色兼備の木村佳乃さんのご両親となると気になるところですね。
父親日本航空(JAL)の幹部役員
母親 JALの客室乗務員(CA)
4歳年上の姉日本航空のCAでした。
そう言えば、木村さんもJALのCMに出演していますし、なんとJAL一家!だったのです。

 

祖父はかつてJNTO(国際観光振興機構)の理事を務めた方
木村佳乃の華麗なる一族ですね。

 

実家にはだれと同居してるの?

現在は、姉夫婦と同居になります。
木村佳乃の実家は世田谷区成城にあり、
結婚当初は東山紀之の都内にある高層マンションで新婚生活を送っていたのですが、
東日本大震災を期に実家の成城に豪邸建設を考えることに。

 

そこで、敷地面積150坪の実家には、
木村・東山夫婦と姉夫婦の2世帯が建設されました。
両親は近くのマンション『スープの冷めない距離』に引越し、
娘達夫婦と円満に生活されています。

 

同じ敷地内に住むお姉さんとは仲が良く、
仕事の時なども子供をお願い出来て助けてもらっているとのこと。
これなら仕事復帰もスムーズだったのがわかりますね。

スポンサーリンク




堪能な英語力は?

ご両親の職業から推測して、
英才教育で幼い時からの英語力が堪能だったか・・・というとそうではなく(汗
中学まで英語は話せなかったそうです。←驚きの事実!

 

しかしここからがスゴかった!
メイン州にあるキャンプでの2ヶ月間英語漬けの毎日を送る。
これがふつうの環境ではなく、シャワーもトイレもない。親とも連絡ができないという過酷な環境だった。
確かに、英語を使わなければ生きていけない厳しい環境に身をおくことで、精神的にも強くなり習得意識も高まりますね。

 

しかし息子でも躊躇する中、
娘に経験させるとは人間力の高いご両親です!
その後、英検準1級を取得されています。

 

ここでの努力が、木村佳乃さんの人としての基礎体力を作り上げたのでしょう。
努力の人木村佳乃さんは、今では『英語が話せるかっこいい有名人ランキング』で常に上位にランクインしていますね。

 

あとがき

木村佳乃さんについていろいろ調べていくと、
お嬢様なのですが鼻にかけるようなお高く止まったところはなく
逆に、バラエティ番組の「イッテQ」で見せる女優らしからぬ体当たり演技に人間味を感じます。

 

ただでさえジャニーズ事務所の縛りが厳しい中、
道無き道を切り拓いていくパワーが、木村さんの魅力を引き出しているように思えます。

東山紀之の奥さん、二人の娘の母である前に、
一人の女性として自分で決めた人生を、幸せオーラに包まれて進んでいく木村佳乃さん。
これから、いい意味で裏切ってくれる仕事ぶりに期待したいです^^

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る