クリスマスツリー飾りの「玉」の名前は? 意味は知ってる?

クリスマスツリー 飾り 玉

スポンサーリンク

クリスマス…それぞれ思い思いに過ごしていると思います。

…突然ですが、ここで質問です。
クリスマスツリーの飾りで、丸い玉型のオーナメントがありますよね。

あの玉型の飾りには、正式な名前があり意味もある事をご存知ですか?

実は…ただの「玉」ではないんですよ。
名前もあってしかも深~い意味まであったんです。

「玉」の名前や意味…気になりませんか?

何気にクリスマスツリーを飾るのと、名前や意味を知って飾るのとでは楽しみも違いますからね。

しかも、さり気なく玉の名前や意味を話せたら一目置かれるかもしれませんよ^^

そこで今回は、クリスマスツリーの飾りでよく目にする、「玉」の名前と意味についてお伝えしています。併せてプレゼントや星、そしてクリスマスカラ―の赤や緑の意味もご紹介していますので、是非参考にしてくださいね。

関連:クリスマスツリーの飾り付けに最適な時期はいつからいつまで?



クリスマスツリー飾りの「玉」の名前は?


クリスマスツリー 飾り 玉の名前.jpg

ころんと丸い球。
大きさや模様、色が多彩ですが金と赤をよく見かけます。


この丸い球、ドイツ語で「」を意味する「クーゲル」と呼ばれるそうです。


しかし、日本ではあまり浸透していないようで通販サイトでは、「ボールまたは素材の名前+ボール」と表示される事が多いようですね^^;

クリスマスツリー飾りの「玉」の意味は?


クリスマスツリー 飾り 玉の名前 意味

クリスマスツリーの玉型の飾りの名前が、クーゲルであることはご紹介しました。

クーゲルの意味…それは「太陽の恵み」になります。



なぜ太陽の恵みになったのか、その由来はクリスマスの意味と関係がありました。



本来、クリスマスは4週間続く長いお祭り。

冬は日照時間が短く、暗い闇の時間が長くなります。そのため悪霊があちこちに現れ、悪さをすると考えられてました。



その悪霊を追い払うために、ヒイラギなどの常緑樹でリースを作ったり、家族でクリスマスツリーを飾ったりします。


同時に、家に幸せを呼ぶためろうそくに火を灯し、実りの春を待つ…という意味があります。





一説では、クーゲルの意味はアダムとイヴが食べた、知恵の樹の実リンゴとも言われています。


本来なら、クリスマスにリンゴの木を使いたかったのですが、りんごの木は冬になると葉を落とします。



そこで、冬でも緑が美しいモミの木を代わりに使い、太陽のように真っ赤なリンゴを飾ったと言われています。

ここから、太陽の恵みの意味がついたのかもしれませんね。




リンゴが丸い玉へと徐々に変わっていき、現在のクリスマスツリーに使われるオーナメントのクーゲルになったわけです。



最近ではクーゲルの色も多彩で、その色にもそれぞれ意味があります。


◆クーゲルの色とその意味

  • キリストが流した「」を意味します。

  • キリストの清らかな心から「純粋」を意味します。

  • キリストが処刑される時に被ったヒイラギの葉と、冬でも葉を茂らせる広葉樹の緑から「永遠の命」を意味します。

  • キリストの高潔さから「高潔」を意味します。


クーゲルの色の種類や意味がわかると、色選びが楽しくなりますね。

クリスマス飾りのプレゼントや星の意味とクリスマスカラーの意味は?


スポンサーリンク



クリスマスツリーの飾りには、ツリーの根元に飾るプレゼントやトップに輝く星のオーナメントなど、たくさんありますね。

ここでは、プレゼントや星の意味、そして赤や緑色のクリスマスカラーの意味についてお伝えしていきます。

プレゼントにも意味があった?


クリスマスツリー 飾り プレゼント.jpg

プレゼントの意味は「幸運の印」になります。


本来のクリスマスでは、森からとってきた常緑樹の小枝を贈っていました。その後、宗教的な改革などを経て小枝から物に変わりました。


また、国によってはプレゼントの贈り主がサンタではなく精霊や魔女になり、良い行いをしていた子供だけにプレゼントを持ってきたそうです。


そして悪い子には、プレゼントの代わりに土まみれのジャガイモを置かれたり、お仕置きに怖い悪魔が家に来たりしたそうです。


確かに…
「プレゼントがほしいなら良い子にしていましょうね」と、親の決めセリフがありますものね^^

星の意味は?


クリスマスツリー 飾り 星

星の意味は「希望・キリストの化身」になります。


キリストが生まれた時に、流れ星が3人の賢者をキリストのもとへ導いたという伝説があります。

そのことが、星の意味になっているようです。

クリスマスカラーの意味は知ってる?


クリスマスカラー 意味

クリスマスカラーと言えば赤や緑ですね。

では、それぞれの色の意味は…

■緑
キリストが磔の刑を受けた時に被ったヒイラギの葉の深い緑色。

■赤
ヒイラギの葉に鋭い棘があるので、それがキリストの頭に刺さって滴り落ちた血の色の赤。


これらのことを連想させることから、緑色と赤が選ばれたと言われています。

尊い自らの命を投げ出し、処刑されたキリストへの感謝が込められているようでとても感慨深いですね。

まとめ


今回は、クリスマスツリーの飾り「玉」の名前や意味、そして象徴的なオーナメントの星やプレゼントについてお伝えしてきました。


クリスマスツリーの飾り

  • 玉の名前:クーゲル
  • 玉の意味:太陽の恵みやリンゴ
  • プレゼント:幸運の印
  • 星:希望・キリストの化身
  • クリスマスカラーの緑色:ヒイラギの色
  • クリスマスカラーの赤:血の色


クリスマスツリーの飾りには、それぞれに深い意味があります。

そしてクリスマスカラーの赤や緑色。

クリスマスのとき、「赤か緑色のどちらかの色を身につけていれば幸せになる」のことばを信じていたあの頃が懐かしいです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る