手作りケーキの保存方法!ケーキにラップがつかないようにするコツとは?

手作りケーキ 保存

スポンサーリンク

一生懸命作ったお手製のケーキ!乾燥しないようにとラップをしてしまうと、デコレーションが壊れてしまいそうで心配ですよね。


でも、大丈夫!良い保存方法があります。

そこで今回は、手作りケーキにラップがつかない方法や、ラップを使わないで保存する方法を紹介します。

 

手作りケーキにラップがつかないようにするコツは?

手作りケーキ 保存方法 乾かない  
 
ここでは、手作りケーキにラップがつかないコツをお伝えします。いくつかの方法がありますから、ご自分に合った方法を選んでくださいね。

 
厚紙を使う方法
 
 
ケーキのデコレーションよりも高さのある厚紙を用意します。その厚紙をケーキの周囲より3cm位の大きさに切ります。

 

ケーキを載せたお皿にその厚紙を止めて、その上からラップをします。

厚紙で枠を作って、その上にラップをする感じですね。

 
つまようじを使う方法
 
 
ケーキに斜めにつまようじをさします。さし方は横から見た時に、つまようじの頭の先がケーキより2㎝位出る感じにします。

 

つまようじにかかるように、ふんわりとラップをかけると、ケーキにラップがつきにくくなります。ラップは大きめの方が良いです。

 

ケーキを出す前にラップを外し、そっーとつまようじを抜き取ります。

つまようじを抜いた穴は、ヘラなどを使って周りのクリームをなじませて隠しましょう。

 

あまりたくさんさすと、せっかくのケーキが穴だらけで、クリームで隠しきれなくなってしまいますから、気をつけてください。ただ、デコレーション自体は崩れません。

 

また、つまようじはなるべくイチゴ等のデコレーションの裏側など、目立たないところにさしてください。

 

もっとも、ホールケーキですと、つまようじを抜いた穴が目立ちやすいですが、切り分けてしまえば穴は気になりません。

 

この方法はどんなサイズのケーキでも使えます。

つまようじの代わりに竹串も使えますよ^^

 
ザルの上にラップをかぶせる
 
 
ケーキの上にザルをかぶせます。その上からラップをきっちりかぶせます。
 

スポンサーリンク


 
 

手作りケーキの保存方法!乾かないようにラップ以外で使えるものは?

手作りケーキ 保存  
 
乾燥は手作りケーキの大敵!乾かないように保存しなければなりません。

ここでは、ラップ以外のものを使う保存方法を紹介していきますね。

 
市販のケーキカバーを使う
 
 
上記の写真のようなドーム型の専用のケーキカバーを使いましょう。

この方法は、手作りケーキの理想的な保存方法ですね。

 

 
 
手作りのケーキカバーを使う
 
 
ケーキよりも大きいサイズのボールにアルミホイルを入れて型を取ります。

型が取れたらボールからアルミホイルを外せば、手作りのケーキカバーができあがりますよ。

 
大きめのボールを使う
 
 
ケーキより大きいサイズのボールを上からかぶせるだけです。ケーキとボールの間隔が見える透明のものがおすすめです。

水分が飛ばず、冷蔵庫のイヤな臭いがつかないところがいいですよ!

 
大きめの密閉容器を使う
 
 
タッパーなどの密閉容器を逆さまに使います。

ふたの上にケーキを載せ、本体をかぶせて密封しましょう。

 
シャワーキャップを使う
 
 
ケーキの上にシャワーキャップをふんわりとかぶせます。シャワーキャップは口の部分がゴムで、空気が入りにくいのが良いですね。

 

まとめ

今回は、手作りケーキにラップがつかない方法や、ラップを使わないで保存する方法を紹介しました。

 

尚、ケーキを保存する時に、リンゴをひとかけら入れておくと、リンゴの水分でケーキのしっとり感がキープできます。

リンゴによる保湿効果ですね!

 

また、ケーキの保存温度にも注意してください。

理想的な温度は1~3℃です。冷やしすぎるとケーキの口どけが悪くなってしまいます。

 

最後に冷蔵庫から出して食べる時は、少し時間をおいて常温に戻してから食べるようしましょう。本来のふんわりとした食感が楽しめます。

 

真心こめて作ったケーキです。できるだけ美味しくいただきましょうね!
 

スポンサーリンク


 
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る