りんごを丸かじり!アンチエイジングに効果的な食べ方

スポンサーリンク

我が家での朝食の定番メニューのひとつに
ヨーグルト+りんごとはちみつ(皮ごと一口サイズにカットします)
超簡単で好評なんです。

評価の程は?
便秘がちな夫は★★★★
ニキビが悩みの娘は★★★★
アンチエジングな生活を楽しむ私は★★★★★

 

この組み合わせを朝食に取り入れるようになって
家族全員、快調になったのは確かです。

 

この食べ方、実はアンチエイジング的にも
とっても効果がある食べ方なんですよ。





特に食べ方にポイントがありまして・・・

皮ごと頂く!

これなんです!この皮ごといただくことがとっても大切なんです。
皮の部分に、タンニン・ペクチンが多く含まれているからなんですよ。
これらの働きは、腸の粘膜をカバーする働きがあります。

だから、腸が炎症を起こしている時(過敏性大腸炎、私も経験あるのですがおへそのまわりを針で刺されているかのようにチクチク痛みました)や便秘には効果があります。

整腸作用はりんごの最大の効能と言ってもいいのでしょうね^^

 

おすすめの食べ方★

リンゴ農家さんに聞いた食べ方で
りんごを横に、好みの厚さでスライスします。
食べるときは、軸を持ってぐるりと周りを食べていきます。

私もこの食べ方を聞いてからは真似てますよ。
楽チンなんですよ。ただスライスするだけですから!
軸を取らなくていいでしょう^^

 

効果的な食べ方で、皮ごといただくポイントはまだありますよ。

それは今ではお馴染みになったポリフェノール

そのりんごポリフェノールが、果肉の部分よりも皮の部分に多く含まれているんです。

ポリフェノールの働きといえば、体を錆びつかせない!

 

活性酸素を抑える抗酸化作用があります。つまり老化を遅らせる効果があることも
長年
の研究結果で見出しています。


スポンサーリンク




他にもリンゴ酸やクエン酸の働きで疲労回復にも効果があります。

リンゴ酸においては、肌荒れを防いでくれる働きがあるんですよ。

 

あまり知られていないのが、虫歯予防です。

りんごに含まれるアップルフェリンが、歯に虫歯菌がつきにくくする働きを持っています。
りんごの丸かじりは虫歯予防にも最適なんですね^^

 

りんごをかじると歯から血が出ませんか?

昔、テレビコマーシャルでやってましたね。確か歯槽膿漏予防の歯磨き粉のCMでした。

でもりんごの効果効能を知ると・・・

りんごを丸かじりすると虫歯になりませんよ♪  になりますね。

 

幼いころ「一日一個のりんごで医者いらず」と聞いていました。
今になって納得です!!

真っ赤なりんごに秘められた恐るべしパワー。
皮ごといただく、シンプル イズ ベストなアンチエイジングな食べ方で
今日からあなたも美アップ!!!しませんか^^

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る