トイレのつまりは自然に治る?困ったら試すお湯での対処法!

トイレ つまり 自然に治る

スポンサーリンク

自宅にあるトイレは、毎日、使用するものですから快適につかえなかったら困りますよね!

1日の運気アップの為にトイレ掃除を丁寧に行っていてもつまったときはお手上げ状態に…。

トイレを利用するのは自分だけではないので、例えば、家族がいて子供さんが大便をした後に、自分が使ってみるとどうやら詰まっていたみたいで水が溢れてきそうな場合はありませんか?

そして、時間が立って徐々にトイレの水位は自然に下がってきたので安心したけど、このまま自然に放置しておいて良いのか不安になるケースもあると思います。

今回は、トイレのつまりの原因・自然に治るのかや困ったら試すお湯での対処法についてご紹介します。


トイレのつまりは自然に治るの?まずは原因をチェック!

トイレ つまり 原因  
 
トイレのつまりの原因や自然に治るのかについて紹介します。

私は、自宅ではトイレを詰まらせた事はないのですが、ショッピングセンターで和式のトイレを使用していて、トイレットペーパーを一度に大量に使った事があります。
 
 
なぜ、大量のティッシュを使用したのかと言いますと、私は、トイレをする時は綺麗なトイレットペーパーを便器の中にたくさんセットをしておいて便器が汚れないようにしているですね。
 
 
便器が汚れると、後の人が不快な思いをしますし掃除をする人も水やお湯を使って除去する事になるだろうから大変になると思うので昔からそうしてきました。
 
 
ですがその結果、その大量のトイレットペーパーが原因で水が逆流し、便器から溢れ出そうになってしまった失態があります汗
 
 
その時は、ラバーカップを使って何とか元に戻しましたけど、今だにちょっとトラウマです。
 
 
 
このように、トイレが詰まる原因は【トイレットペーパーの詰まり・固形物のつまり・排出物のつまり】などがあります。
 
 
 

私のようにトイレットペーパーのつまりであれば、水が浸透すればふやけてさらに柔らかくなりますので2~3時間位放置しておくと自然に流れる場合があります。
 
 
 

しかし水に溶けにくいもの
お例えば、おもちゃ・スマホ・おむつなどの固形物を詰まらせてしまった場合は溶かすことができないので、この場合は業者に頼るしか方法はありませんね。
 
全国対応!水道修理の無料見積ならコチラ!  
 
 
次では、トイレつまりの原因が大量のトイレットペーパーや紙類、便などの場合のつまり解消にお湯を使うやり方です。
 

スポンサーリンク


 

トイレのつまりにお湯を使うとき注意すること


トイレのつまり解消にお湯を使うのは効果的なのですが、行う上でいくつか注意することがありますのでお伝えしますね。
 
 
トイレのつまりにお湯を使うとき注意することは以下の3つ。


  • お湯の温度
  • トイレのつまりの原因は水に溶けるもの?
  • 便器に溜まった水は抜いておく
それぞれ詳しくみていきましょう!

トイレつまりの解消にお湯を使う:お湯の温度は?


トイレのつまりを解消するために使用する最適なお湯の温度は40~60℃程度になります。
 
一番無難な温度は50℃くらいです。
 
トイレの便器は陶器でできています。
なので、熱湯を使うと割れたり、配管を痛めてしまうことになりかねないのでお湯の温度には注意してくださいね。
 
 

トイレのつまりの原因は水に溶けるもの?


お湯を流して解消できるトイレつまりの原因


  • トイレットペーパー
  • ティッシュ
  • 紙類
  • 便



お湯を使うやり方は、原因になるものをふやかして溶けやすくしてスムーズに排水管の奥へと流すことです。
 
 
 
一方、
お湯を流すことを控えるべきトイレつまりの原因は、


  • スマホ
  • 子供の小さなおもちゃ
  • 異物
 

水に溶けにくい固形物や異物は仮に流れたとしても、排水管奥で詰まってしまいます。
 
 
こうなるとトイレを取り外しての大規模修理が必要になることもありますので、くれぐれもトイレつまりの原因が特定できる場合に行うようにしてくださいね。
 
 
もし、子供の小さなおもちゃかも?ってときは、焦らず専門の業者さんに問い合わせてみることが賢明です。

 
全国対応!水道修理の無料見積ならコチラ!  
 

便器に溜まった水は抜いておく


便器に水が溜まった状態でお湯を流すと、当然溢れてきます。

それにお湯の温度が下がってしまい、お湯を入れてふやかす効果が半減してしまいますからね。
 
 
では便器に溜まった水の抜き方ですが、以下の方法で取り除くと上手くいきますので試してみてくださいね。
 
 

  • 灯油用のポンプでバケツに吸い取る(灯油用ポンプは100均に売っています)
  • ペットボトルをスポイトのように使う
  • 雑巾や使わない布、新聞紙などで吸い取る


トイレのつまりにお湯を使うときの手順


トイレのつまりにお湯を使うときの手順は以下のとおりです。


トイレのつまりにお湯を使うときの手順


  1. 便器に溜まった水を取り除きます
  2. はじめにバケツで水を流し込み状態を見ます
  3. 2で流れが悪いならバケツでお湯を流し込みます。
    この時、排水口をめがけて高いところから流すのがポイント!
    (細い滝が流れるのをイメージしながら)
  4. 3を2~3回繰り返します
  5. お湯を流したら1時間くらい放置!
  6. 確認はレバーは使わずバケツで水を少しずつ流します


まとめ


今回は、トイレのつまりは自然に治るのか?つまりを解消する方法として「お湯」を使ったやり方を紹介してきました。


不意に起こるトイレのつまりですが、原因が大量にトイレットペーパーを流したなど分かる場合は「お湯を使ったトイレのつまり解消」を是非試していただきたいですね。

お湯を使いますので、くれぐれもやけどにはご注意ください。
最後まで読んでいただきまして、どうもありがとうございました!
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る