サラリーマンの副業 在宅ワークでおすすめ3選とその理由

サラリーマン 副業

スポンサーリンク


「1つの会社に入ってずっと頑張っていれば安心!」

あなたはまだそんな“幻想”を抱いていませんか?私が“幻想”とまで言い切るのには理由があります。

今や大企業でもリストラや事業撤退や倒産などしている状況です。中小企業であればその可能性が高くなりうるわけです。

加えて国が副業を推奨し始めていますよね?
その意味をわかっていますか?

そこで今回は、サラリーマンの副業 在宅ワークでおすすめ3選とその理由についてまとめてみました。

その前に、サラリーマンこそ副業を始める理由をお伝えしますね。

サラリーマンのうちに副業開始をすすめる2つの理由とは?

f:id:tuiteru7886:20181020172510j:plain  
 
なぜ私が、サラリーマンのうちに副業を開始するべきと考えているのか?

その理由は2つあります。
 
 

  • 収入の柱が1つしかない
  • 国が副業推進を始めた

それぞれ詳しく見てみましょう!

収入の柱が1つしかない


1つ目は「収入源が会社員の給料だけ」ということが、リスクだと考えるからです。
 
 
もしあなたが20代~30代前半くらいの年齢なら、あなたのご両親やその上の世代の方からは「1つの会社に入って頑張って定年まで働けば安泰」と言われていると思います。
 
 
事実、そのような時代でした。
しかし!考えてみて下さい。
 
 
冒頭でも述べたように、今は大企業でさえ大幅なリストラや事業規模縮小、最悪のケースでは倒産という事態もあり得るわけです。
 
 
つまり、ある会社に入社できたからと言ってずっとそこで働ける保証がないのです。
 
 

さらに加えて話しますと、

特に中小企業では、勤続年数が長い割には昇給額が少ないという環境で働いている人も少なくありません。
 
 
一方で、生活していくために必要な物の価格(物価)は上がっています。

例えば最近のガソリン価格や、多発する自然災害が原因で野菜の価格が高騰したりしていますよね。
 
 

入るお金は減り(または増えず)、出ていくお金は増える」という現状なのです。
 
 
収入の柱が1つしかないというのは、ダメージを回避する策を打つ手が無いのと同じ。
 
 
だったら、まだまだ柱が1つでもあるうちに行動を起こすことが賢明だと思いませんか?

国が副業を推進し始めた!?


そして2つ目の理由は「国が副業を推進し始めた」からです。

 

決して「国がそう言っているのだからやった方がいいんだ」と単純に言っているわけではありません。

 

国の副業推進は言い換えれば、

「昔のように(あなたの人生の)最後まで面倒見切れませんから、足りない分は自分で何とかしてくださいね

というメッセージなわけです。

 

今、日本は高齢化社会。

高齢者への負担額は増える一方で、それに必要な税金を払える若い世代の人数は、これからも減っていくと予想されています。

 

少子高齢化のリアルな現実の幕が上がりました。

今の高齢者への社会保障と同等の保証を、今の若い世代が高齢者になった時、受けることができないのです。

 

つまり、その不足分は自分で何とかするしかないということになりますね。

だからこそ、サラリーマンにとって副業をすることは、現実問題として考えていく必要があるのです。
 

スポンサーリンク


 

サラリーマンの副業 在宅ワークでおすすめは?

f:id:tuiteru7886:20181020172531j:plain  
 
最近は、インターネットの発達により、サラリーマンでも副業が始めやすくなっています。
 
 

インターネットのおかげで、情報を入手することができ、誰でも気軽に副業を始められるようになりました。

 

例えば以下の3つなどは副業の在宅ワークでおすすめです!



  • メルカリ
  • ココナラ
  • クラウドワークス

それぞれみてみましょう。

サラリーマンのハンドメイド副業ならメルカリ


手芸や革細工、DIYが得意なら、ハンドメイド作品を売ることができます。

断捨離をかねて、使わなくなった物を必要とする人へ渡すことで対価が生まれます。

サラリーマンの副業でスキルのフリーマーケット・ココナラ


知識・スキル・経験などの「得意なこと」など、あなたのスキルを売り買いすることができます。占いなどのサービスも人気ですね。
ココナラの無料会員登録


サラリーマンの副業 ライティングならクラウドワークス


文章を書くことが得意なら、クラウドワークスなどに登録して、隙間時間で記事を書く仕事をすることもできますよ。
 
 
今まで「趣味でやっている(好きでやっている)ことはあるけど、別にお金をもらえるようなことでは、、、」と思っていたことが、インターネットを使って発信することにより、お金に換えられるようになりました。
 
 
副業で一歩踏み出すポイント!
あなたの当たり前(価値がない)は
他の人にとっては価値がある!

サラリーマンのうちに副業を始めることはなぜ低リスク?


まず商売で考えてみましょう。

商売と言うと、

「先に物を仕入れて売る。売れなければ赤字になってしまう…」

というイメージですね。

 

しかしインターネットを使うことにより、物(在庫)を持たず始めることが可能になりました。(転売などを除きます)

 

投資するのは「あなたの時間とスキル」だけです。

そしてサラリーマンのうちに始めるということは、給料という安定した環境があることです!

 

つまり、生活できなくなることはないですよね。

これが「低リスク」とお伝えした理由になります。

まとめ


今回は、「サラリーマンの副業」についておつたえしてきましたが、いかがだったでしょうか?あなたはどう感じましたか?

 

1つ誤解してほしくないのは、会社員であることが悪いというわけでも、会社員を辞めて起業するべきともいうわけではないのです。

 

ただ、会社員の給料1つに依ることは、今後はむしろ「リスク」になり得るということです。

 

もし自分で数万円でも稼ぐ術を身につけていれば、万が一自分が勤めている会社で何かあっても、そこから立て直せると思うんです。

 

情報はたくさんあります。

ありすぎてどれがいいのかわからなくなるかもしれません。

 

そんな時はまず「動いて」下さい。

行動すれば、すでに実践している人たちの情報は手に入るし、会いに行くこともできるでしょう。将来のためにも、行動することをおすすめします。
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る