安普請の読み方や使い方は?安普請の家ってどういうこと?

安普請の家

スポンサーリンク

ネットなどで時々目にするけれど、読み方が分からない・・・という言葉に出会うことがありますよね。

「安普請」もその一つではないでしょうか?

結論から言うと、これは「やすぶしん」と読みます。

今回は、「安普請」の意味や使い方に加え、「安普請の家」についても紹介します。


安普請の読み方や使い方

安普請 使い方 読み方

安普請」の読み方は、やすぶしん
 安=やす、普請=ぶしん、です。


なお「普請」は、単独では「ふしん」と読みます。


「安普請」の使い方をお伝えする前に、まず、この言葉の意味や語源を紹介します。


「安普請」とは、安い費用で家を建てるという意味です。


安普請の語源


では、安普請の語源をみてみましょう。


「安普請」は、「安」と「普請」を合わせた言葉です。


」は、文字通り、金額が少ないとか、値段が低いという意味です。

普請」は、何かを建てたり、土木工事をするという意味ですが、元々は仏教用語でした。



禅宗の寺院が信者を集めて、お寺の建築物の建築に従事してもらう、またはお金を寄進してもらう、という意味だったのです。


ここから転じて、一般的に、建築や土木工事のことを「普請」と呼ぶようになりました。



従って、「安普請」は、「値段が低い建築」⇒安い費用で家を建てるという意味になるのですね。


次に、「安普請」の使い方を見ていきます。

安普請の使い方 自分と他人では意味が異なる


この言葉は、自分に対して言う場合と、他人に対して言う場合とでは、意味が異なります。


自分の建物に対して使う場合

自嘲、卑下や謙遜の意味があります。


「素敵な家ですね」と言われて、「とんでもないです。安普請です」と答えるのは、謙遜です。

照れ隠しのニュアンスも含まれていますね。


本当はお金がかかっている家だとしても、あえて「安普請」と言うことで、相手に嫌な気持ちを与えずにすみます。


「お金がないので、安普請に住んでいます」には、自嘲や卑下の意味が含まれています。



次の表現も、自嘲や卑下のニュアンスを含んでいます。


「私の家は安普請のため、台風が近づくと恐怖心を感じる」

「私が住んでいたアパートは安普請で、トラックが通るたびに窓がガタガタいった」


他人の建物に対して使う場合

蔑視や軽視の意味があります。



「このホテルは、安普請なのが気になる」という表現には、蔑視や軽視のニュアンスが含まれています。

「こんな安普請、耐震とか大丈夫?」も、蔑視の表現ですね。


いずれの場合も、ほめ言葉ではありませんから、使い方には気を付けましょう。

仮に、知人の家が安っぽい作りだったとしても、「安普請」と言ってはいけません。

相手の気分を害してしまいますよ。


スポンサーリンク




安普請の家ってどういうこと?

安普請の家とは?

今まで、安普請の読み方や使い方についてお伝えしてきましたが、ここでは、日本の「安普請の家」について見ていきます。


「安普請の家」とは、安い費用で建てた家のことです。


日本の家は安普請だから、30~40年しか持たないと言われます。


これは新築時の初期費用を抑えた結果、長持ちしない家が出来上がってしまったということなのです。


初期費用を抑えるために、家の耐久性や耐震性に最も影響を与える木工事(家の骨組みを木材で作る工事)を減らしてしまうのです。当然、骨組みが弱い家の耐久性や耐震性は低くなってしまいます。


しかし、一般家庭ではローンを利用して家を建てますから、月々の金銭的な余裕はありません。従って、新築時の初期費用を抑えることを考えるのです。


地震大国の日本では、より耐震性の高い家が必要なはずですが、なかなか難しい問題ですね。


まとめ


今回は、「安普請」の読み方、意味や使い方、安普請の家について見てきました。

「安普請」は日常会話で使う言葉ではありませんから、初見で「安普請」を「やすぶしん」と読むことは難しいかもしれませんね。

「あんふせい」とか「やすふせい」などと読み間違えることもあるかもしれません。

いい機会ですから、ぜひ「安普請」の正しい読み方、意味や使い方を覚えておきましょうね。



スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る