ハウステンボスで車中泊はできる?道の駅や近くのおすすめスポット

ハウステンボス 近く 車中泊

スポンサーリンク

ハウステンボスと言えば、長崎の超有名観光スポットですね。
そしてハウステンボスは日本一広いテーマパークでもあります。

当然日本一の広さを遊びつくそうと思ったら1日では足りません。
でもホテルに泊まると高いし・・・
という若いカップルには、車中泊という選択肢がありますよね。

そこで今回は、ハウステンボス観光に便利な車中泊のおすすめスポットを紹介していきます。

ハウステンボスで車中泊はできるの?



ハウステンボスの駐車場で車中泊をした…という方の体験談を見つけることはできます。
それは、駐車する際、車中泊禁止の表示がないため車中泊したようなのですが・・・。


ハウステンボスに直接問い合わせると、夜は駐車場を閉めるからできないとのことでした^^;


ハウステンボスの駐車場で車中泊はできないですが、日帰り温泉で汗を流してスッキリすることはできます。


お風呂はホテルオークラJRハウステンボスという駐車場近くのホテル内にある、琴乃湯という日帰り温泉です。


ホテルがそもそもきれいなので、女性にとっては大喜びですね。

お風呂に入ってスッキリして、近くの車中泊できるところへ移動するのもいいですよ。


ハウステンボス近くの車中泊できるおすすめスポットは次で紹介していきます。
 

スポンサーリンク


 
 

ハウステンボス近くの車中泊おすすめスポット

ハウステンボスの駐車場では残念ながら車中泊はできないのですが、ここでは近くの車中泊できるスポットを紹介していきますので参考にしてくださいね^^


西海パールライン高畑パーキング



西海パールラインという有料道路にあるパーキングエリアです。

ハウステンボスから車で15分ほどの距離にあるので、往復も簡単な車中泊おすすめスポットですね。

2日間ハウステンボスで遊ぶなら、ハウステンボスと車中泊スポットの距離は重要です。

パーキングエリアならトレイの心配もありません。
しかしお風呂はありません。

ハウステンボスを出る前に、敷地内にあるホテルオークラJRハウステンボスの琴乃湯で済ませておけばいいですね^^


隠居岳ウォーカーズパーク



隠居岳ウォーカーズパークは、あまり知られていない無料キャンプ場です。


ハウステンボスから車で30分ほどの距離にある、車中泊おすすめスポットになります。

駐車場の近くにトイレがあるのでとても便利!
しかも掃除が行き届いているので快適という口コミがありました。

しかしお風呂は無いので、やはりホテルオークラJRハウステンボスの琴乃湯で済ませておく必要があります。


この隠居岳ウォーカーズパークは、ハウステンボスからの距離が少し離れているのですがメリットがあります。


展望台から佐世保市内の夜景を、きれいに眺めることができるスポットなのです。
夜景だけではありません。

なんとハウステンボスの花火を眺めることもできるラッキースポットなんですよ。


車中泊でもデート気分を盛り上げることができますね。
ここでの車中泊なら、2日目も楽しい気分のままハウステンボスで遊ぶことができますよ。


ハウステンボス周辺の道の駅で車中泊できるところ



ハウステンボス周辺の道の駅で車中泊できるところは、RVパークそのぎの荘です。


RVパークそのぎの荘は、彼杵の荘という道の駅に併設された車中泊おすすめスポット!

このRVパークそのぎの荘で注意しなくてはいけないことが、事前予約が必要という点です。


ハウステンボスから海岸沿いに、車で30分ほどの距離にあります。

RVパークというのは、車中泊を公認している駐車場のことです。

公認なので安心ですが、料金が1泊2000円です。
公認されている安心料と考えましょう。


RVパークそのぎの荘は道の駅併設なので、トイレはもちろん完備されています。

お風呂に入るなら、ハウステンボスからRVパークそのぎの荘の中間地点に、川棚大崎温泉しおさいの湯という日帰り温泉があります。


この温泉には海の見える露天風呂になっていて、ハウステンボス観光の疲れをゆっくり癒すことができるのでおすすめです!

まとめ

ハウステンボスの駐車場で安心して車中泊ができるのなら、それが一番楽なのは間違いありません。
しかし、公式にはおすすめのスポットではありません。

良識ある大人の行動として、やはり認められていないスポットでの車中泊はやめておいた方がいいですね。

ハウステンボスから少し車で移動するだけで、今回ご紹介したすてきな車中泊おすすめスポットがありますので、利用してみてはいかがですか?
 
 


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る