夫婦の家事分担ってどうしてる?共働き夫婦の家事分担の実態とは

夫婦 家事分担

スポンサーリンク

 

結婚したら女性は家庭に入って家事に専念する・・・それが当たり前だったのは昔のことです。

 

今では、結婚しても仕事を続けている女性がほとんどかと思います。

しかし未だに

「家事、育児は女性がやるもの」

 

といった考えが、根強いような気がするのは私だけでしょうか?

 

実際共働きの夫婦の場合、

皆さん家事分担はどうしているのでしょうか?

 

正社員でバリバリ働いて、家事も育児も女性が全部負担・・・なんてなると不公平ですよね。

 

そこで今回は、共働き夫婦の家事分担の実態について調べてみました。

 

共働き夫婦の家事負担の割合は?半数以上が妻任せ!?

f:id:tuiteru7886:20181015174312j:plain

2017年の夫婦の家事分担状況」を調べたアンケートがあります。

 

これは夫婦ともに、フルタイムで働く20~40代の男女1000名を対象に実施したものになるのですが、それによると共働きの夫婦で妻がほとんどの家事を担っている家庭は約30%です。

 

3割の夫婦は、女性が1人で家事を負担しているということですね。

 

また、妻が主に家事を担っているが、夫も少し分担しているが36.3%です。
合わせると、6割以上の家庭が家事を妻任せにしているということですね。

 

ちょっと寂しい気もするのですが・・・
ちなみに、子どもがいてもいなくても、夫の家事負担はあまり変わらないようです。

 

ただし、若い世代の方が家事分担は進んでいるようですね。
 

スポンサーリンク


 
 

夫が家事を手伝わない?!手伝ってもらうためのポイントとは

f:id:tuiteru7886:20181015174354j:plain
夫の方が忙しいので仕方がない・・
夫の方が給料が高いので仕方がない・・
なんて諦めるのはまだ早いですよ。

 

確かに、夫の家事負担が少ない家庭というのは、夫が残業が多いケースが多いのですが・・・

 

そもそも、家事育児と一口で言ってもどんなものがあるのか?男性はわかっていないケースが多いこともあります。

 

つまり、妻に負担をかけていることに無自覚というケースが意外と多いようです。

 

そこで大事なのが、夫に家事育児の量と内容を把握してもらうこと!

まずは、わかるように書き表しましょう。

 
  •  普通の紙にまとめる
  • マグネット付ボードに書く
 

ポイントは、家事育児の内容を可視化すること!

 

夫もそれを見て、
こんなに負担させていたのか…と気づくきっかけにもなります。

 

そして書き出したものを見ながら、改めて家事分担ついて夫婦で話し合えばいいわけです。

 

すると夫自身も、

「ゴミ捨ては出勤の時できるな…」

「朝なら洗い物できるな…」

など、可視化することで自分の協力できることを見つけやすくなります。

 

「家事は女がするもの!」
という意識が根強い男性の場合は別として

 

最近の若い男性は、家事を負担することに抵抗がない人が多いので、きちんと現状を把握してもらえば建設的な話し合いのもと、協力体制を築くことができます。

 

1番ダメなのは感情に訴えること!
女性は感情で考えて、男性は論理で考える」と言われます。

 

感情に訴えても、どうしたらいいのかわからず男性も困ってしまうケースが多いのです。

 

目の前にある問題は、道筋をたてて解決へと導くことが得意な男性に対して大事なのは、情報を伝えること。

まさに、可視化すること=情報を伝えることになります。

 

ここで家事分担をする時の注意点ですが、厳密に分けすぎると、逆にケンカの原因になってしまいます。

 

「決めたのになんでやってないの?」
となってしまうんですね。

 

ですので、すべてに担当を決めるのではなく、「空いてる人がやる」くらいの、ゆるい部分も作っておくと上手くいきますよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
最初はなかなかうまくいかず、ケンカになることも多いかと思います。

 

2人の場合だったら、言ってケンカになるより女性がやってしまった方が、かえって楽かもしれません。

 

しかし、今後子どもができたり子どもがいなくても将来的に親の介護が必要になったり…というのを考えると、早いうちから家事の役割分担は決めておくほうが良さそうです。
 

スポンサーリンク


 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る