コーヒーにはミルクを入れた方がいい?効果的なコーヒーの飲み方は?

コーヒー ミルク 効果

スポンサーリンク

「コーヒーを飲むと胃を痛めるからミルクを入れた方がいい」
なんて話を聞いたことはありませんか?

コーヒーを頼むと必ず付いてくる砂糖とミルク。

皆さんはブラック派ですか?
それとも砂糖やミルクを入れる派ですか?

コーヒーは覚醒作用や利尿作用の他、血圧を下げる効果やダイエット効果、最近ではがん予防にも効果が期待できるとまで言われています。

しかし、飲み方を間違えてしまうと逆効果になりかねません。

そこで今回は、より効果的なコーヒーの飲み方についてご説明していきます。


そもそもコーヒーのミルクって何?牛乳でもいいの?

コーヒー ミルク 牛乳

コーヒーを飲むと付いてくる小さいプラスチックに入った白い液体。

一般的には「ミルク」と言われていますが、実は牛乳とは全く別物になります。


あのミルク、正式には「コーヒーフレッシュ」、もしくは「ポーションミルク」と呼ばれていますが、実は、植物油に水と乳化剤を入れたものになり、牛乳は1滴も入っていないってこと…ご存知でしたか?


ではなぜ、「ミルク」として使っているのか。


コーヒーフレッシュは乳製品がまだ高価だった時代、生クリームなどの乳製品の代用品として作られたものになります。


安価である上に常温保存できるため、喫茶店などでも使われるようになり「ミルク」として定着していきました。


しかし、このコーヒーフレッシュには、トランス脂肪酸が含まれているため、正直健康上良いとは言えません。



ではブラックがいいのか?…と言えば、ブラックにもデメリットがあります。


空腹時にコーヒーをブラックで飲むと、胃は急激なカフェイン吸収で胃酸の分泌が増加。
そのことにより胃を荒らすことがあります。


ですので空腹時に飲む場合や胃が弱い人は、牛乳を入れることをお勧めします。


牛乳を入れることにより、カフェインが吸収されるスピードを抑えてくれる上、牛乳が胃の粘膜を守ってくれるからです。


また牛乳には安眠効果がありますので、夜遅い時間に飲む場合は、温めた牛乳を大目に入れて飲むといいでしょう。


コーヒーにミルク(牛乳)を入れることで、コーヒーのデメリットをカバーすることができます。



  • 覚醒作用
  • 利尿作用
  • 血圧を下げる効果
  • ダイエット効果
  • がん予防にも効果が期待できる
など、健康効果が高いコーヒー。

効果的な飲み方で上手に取り入れていきたいですね。

コーヒーの驚くべき効果!高血圧でもコーヒーを飲んで大丈夫な理由とは?


でも、コーヒーにミルクを入れると太るのでは?と気になりますが、次で詳しく見ていきましょう!

コーヒーにミルクって太るの?こんな人にはブラックがオススメ!


スポンサーリンク




コーヒーにはダイエット効果があると言われています。


カフェインが脂肪の燃焼を助けてくれるためです。

なので最近体重が気になるという人は、ブラックで飲むことをお勧めします。


ブラックの場合、1杯あたりのカロリーは約4キロカロリー

これなら安心して飲めますね。



ダイエット効果があると言われるコーヒーですが、もちろん砂糖や牛乳を入れたら逆効果!


牛乳には胃を守ってくれる働きがある他、日本人に不足しがちなカルシウムや、たんぱく質が含まれていていい事ずくめなのです。


しかし栄養価が高い分、カロリーが高いのも事実。


コーヒーフレッシュ1個がだいたい11~15キロカロリーなのに対し、牛乳は50ml入れた場合、製品にもよりますが35キロカロリー程になります。


ですのでメタボ改善には、やはりブラックで飲むのが効果的!


ダイエット効果を上げるなら、運動する前や食後に飲むのがいいでしょう。


できればカフェイン量が多い浅煎りのほうが脂肪の燃焼効果は高まりますよ!

まとめ


・コーヒーにミルクを入れたい時は、コーヒーフレッシュではなく牛乳を使うこと。

・牛乳には胃を守ってくれる働きがあること。

・牛乳は栄養価が高い反面、カロリーも高いため、ダイエット効果を期待するなら浅煎りのブラックで、運動前や食後に飲むこと。

などについて今回お伝えしました。

コーヒーの飲み方は好みがあるかと思いますが、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る