コーヒーの驚くべき効果!高血圧でもコーヒーを飲んで大丈夫な理由とは?

コーヒー 効果 血圧

スポンサーリンク

皆さんはコーヒーはお好きですか? 
私も1日3~4杯はコーヒーを飲みます。 

とくに目を覚ましたい時やシャンとしたい時、リラックスしたい時には、決まってコーヒーが飲みたくなります。

しかし、
コーヒを飲むと血圧が上がる
という話も聞きますし、

コーヒーは好きだけど血圧が心配
と言う人もいるかと思います。

そこで今回は、コーヒーを飲むと本当に血圧は上がるのか、コーヒーの血圧に対しての効果ついて調べてみました。


コーヒーと血圧の関係は?1日何杯までOK?

コーヒー 高血圧  

コーヒーは血圧の変動と関係があるのでしょうか?
 

以前は、コーヒーに含まれるカフェインは、心臓に直接作用して血圧を上昇させるため、高血圧症を引き起こすものと考えられてきました。


しかし最近では、コーヒーを飲んだ方が高血圧症のリスクが下がる、という研究結果が報告されています。

 

以前アメリカのある施設が「習慣的なコーヒーの摂取と高血圧症の関係」について調査を実施。


  • 期間は12年間
  • 対象者は高血圧症の女性約3万人

すると、コーヒーを飲む習慣のある人の方が、高血圧のリスクが減るという結果が出ました。
 



また日本でも、コーヒーと高血圧症の関係を調べた研究があります。


・対象者は習慣的にお酒を飲む20歳~79歳の男性

いくつかのグループに分け、コーヒーと高血圧症の関係について調査。


コーヒーを飲まなかったグループより、
コーヒーを飲んだグループの方が高血圧の人の割合が少なかったようです。

 


このように研究結果でも、コーヒーの効果で高血圧のリスクを下げることがわかりました。


これまで血圧のことが気になっていた人も、これからは安心してコーヒーを飲むことができそうですね。
 

しかし飲み過ぎは、カフェイン中毒になる危険性があるので注意!

コーヒーは1日何杯までが適量なの?

 
では、1日何杯までならコーヒーを飲んでもいいのでしょうか?

 

欧州食品安全機関(EFSA)では健康のために


  • 成人なら1日400mg未満
  • コーヒー1杯(150ml)で換算すると、
    1日4~5杯までが適量。


しかしカフェインは、コーヒー以外の食品にも含まれています。くれぐれも飲み過ぎには気をつけましょうね。


高血圧でも大丈夫!?血圧を下げるコーヒーの効果とは?


スポンサーリンク



なぜコーヒーを飲むと、高血圧に効果的なのでしょうか?

コーヒーと言えばカフェインがすぐに思いつきますね。

実はこのカフェインには血圧を上げる作用があるんです。
 

コーヒーと同じように、カフェインが含まれている紅茶やコーラについても高血圧のリスクを調べた研究結果がありますが、紅茶はややリスクが上がり、コーラもリスクが上がるとのことでした。
 

ではなぜコーヒーは血圧を下げるのか…と言いますと、


コーヒーの成分の中には「ポリフェノール」が含まれています。


このポリフェノールが、悪玉コレステロールの酸化を抑えたり、動脈硬化を抑制する働きするためだと言われています。
 

カフェインは血圧を上げますが、コーヒーにはカフェイン以外にも、ポリフェノールなど様々な成分が含まれているので、結果的に血圧を下げるということになります。 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カフェインには血圧を上げる効果があるものの、ポリフェノールの作用の方が上回るため、結果的にコーヒーは高血圧に効果的ということがわかりました。
 

しかしこれはあくまでもブラックでの話です。 

コーヒーにミルクや砂糖を入れてしまうと、脂質や糖分が加わりますので血圧上昇に繋がります。
 

血圧が気になる方はブラックにするか、ミルクや砂糖を少なめにして飲むといいですね。

コーヒーにはミルクを入れた方がいい?効果的なコーヒーの飲み方は?
 

またカフェインレスのコーヒーでも、カフェイン入りのコーヒーと同じように血圧を下げる効果が得られます。

カフェインによるデメリットが改善されるので、カフェインレスのコーヒーに変えるのもお勧めですよ。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る