青空レストラン【グラスフェッドバター(なかほら牧場)】購入なら?

青空レストラン グラスフェッドバター

スポンサーリンク

1月27日放送の満点★青空レストランで紹介されたグラスフェッドバター

国産のグラスフェッドバターは、なかほら牧場だけでしか購入することができない極上バターになります。

グラスフェッドとは、植物飼料だけを与えられた草育ちという意味。


配合飼料ではない本物のバターを味わうことができます。


ただでさえ稀少なバターです。


今回は、青空レストランで紹介されたなかほら牧場のグラスフェッドバターの購入先についてお伝えしていきます。


放送終了後、注文が殺到しすぐに完売してしまうかもしれないので購入はお早めに!

なかほら牧場のグラスフェッドバターが高級な理由とは?




このグラスフェッドバターを作っている中洞(なかほら)牧場は、日本で数件しかない”山地酪農”を実践する牧場なのです。


「牛を飼う」と言うと、牛舎の柵の中にずらりと並んだ牛を連想しますね。


でも、なかほら牧場が行っている山地酪農とは、24時間365日山の中に放牧され、ストレスなく健康的に牛を育てる飼育になります。


ですので、自然交配自然分娩


子牛も生後2ヶ月までは母牛からの母乳哺育になります。

山地酪農のデメリットとは?


スポンサーリンク



山地酪農で作るこだわりの一品、なかほら牧場のグラスフェッドバター。

しかし、ここでデメリットがあります。



それは、採れるミルクが少ないことです。



一般的な酪農で一日に採れるミルクの量

40~50kg/日量


それに比べ、なかほら牧場では

9kg/日量

になります。



しかも、バターが出来上がるまでに


  • 丸二日かかる。
  • 100kgの生乳から4kgしかできない


なので…
なかほら牧場のグラスフェッドバターが高級品…となってしまうのです。


なかほら牧場 グラスフェッドバター
引用元:https://item.rakuten.co.jp


でも一度でいいから、極上バターを味わってみたいですよね。

なかほら牧場のグラスフェッドバターが購入しやすくなった?


以前は入手困難だったグラスフェッドバター。


ですが、牧地を広げることにより牛の数も増えたので、採れるミルクの量も増えたそうです。


ということで、お値段も少し下がって購入しやすくなっています。



青空レストランの番組が大好きなわが家。

放送された商品を検索すると、毎回「完売」で残念な思いをしています。



ですのでバター大好きなわが家、今回こそはグラスフェッドバターを是非とも入手したく、事前にチェックし早速購入しました。


グラスフェッドバターの紙容器がお得でしたのでこちらを購入することに^^


まとめ


今回は、1月27日の満点★青空レストランの中で紹介された「なかほら牧場のグラスフェッドバター」の購入先についてお伝えしてきました。


値段だけ見れば高価だと思うかもしれませんが、製品化されるまでにかかる労力や良質なものを作るこだわりを考えると適正なのでは…と思います。


人も動物もストレスフリーだと上質になれるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る