宮島(厳島神社)へのフェリー乗り場へのアクセスは?桟橋に近いのは?

宮島フェリーのりば
スポンサーリンク

国内外から多くの観光客が訪れる世界文化遺産の宮島(厳島神社)

その宮島ですが、実は島なのです。
ですので、宮島へ渡るためにはフェリーを利用するのですが、わずか10分の乗船時間は、海から厳島神社などの宮島を眺めることができる感動の時間にもなります。

宮島へ渡る方法はフェリーのみということで、フェリー乗り場までのアクセスが気になりますね。

今回は、宮島(厳島神社)へのフェリー乗り場までのアクセス方法を画像でわかりやすく紹介しています。是非参考にしてくださいね。

宮島の関連記事
宮島の紅葉の時期や見頃はいつ?紅葉谷公園の混雑具合は?

宮島花火大会へ船で行く4つのルート!駐車場の混雑を避けるなら!?

宮島(厳島神社)のフェリー乗り場へのアクセス方法は?


宮島へ渡るためのフェリー乗り場へのアクセス方法は、次の2通りになります。

  • JR
  • 路面電車の広電
では、それぞれみていきましょう。

JRを使って宮島へ行く場合


JR宮島口駅

広島駅を起点に、宮島へ行く際のアクセス方法をお伝えします。


◆JR山陽本線・岩国方面行き
JR広島駅⇒宮島口駅

◆最寄り駅
JR宮島口駅

◆所要時間
約28分くらい

◆料金
片道:410円



JRの運賃表です。
JR宮島口駅 運賃



JR宮島口駅からフェリー乗り場までは、地下通路を通ります。


地下通路への入り口は、JR宮島口駅を背にして右側・左側どちらにもあります。


今回は、「あなごめしのうえの」を紹介したいので、右側の地下通路入り口へと向います。
宮島口地下道入り口


地下通路の階段を降りていくと…
宮島口 地下道


厳島神社にお祭りされている三人の女神がお出迎えしてくれます。

宮島口 地下道 三人の女神


通路の右手方向に出口があります。


階段を上ると「あなごめしの名店・うえの」のお店の前に出ます。
宮島 あなご飯 うえの


後は、前方に見えるフェリー乗り場を目指してあと少し!
宮島フェリーのりば


JR宮島口駅から地下通路を通りフェリー乗り場まで、時間にして約6分くらい。


地下通路へはエレベーターがあります。
ベビカーや車いすの方も安心して利用することができますよ。




広電を使って宮島へ行く場合


広電宮島口駅


◆広電・宮島線
広島駅⇒広電宮島口駅

◆最寄り駅
広電宮島口駅

◆所要時間
1時間20分くらい

◆料金
片道:280円


広電宮島口駅からフェリー乗り場へは歩いて1分のところにあります。




桟橋に近いのはどっち?


桟橋に近いのは「広電(路面電車)宮島口駅」になります。


足の悪い方と同伴のときなど、少しでも歩く距離が短いほうがいい…という方には、広電を利用するのが良いでしょう。


所要時間は1時間20分くらいかかりますので、時間に余裕がある方は試してみてください。


路面電車は、広島駅から広島市内を経由して宮島口へ行きます。

原爆ドームなどの景色を車窓から眺め、街並みウオッチングできるのも路面電車ならでは。

宮島へ渡るフエリーはどちらがおすすめ?


スポンサーリンク



宮島(厳島神社)へ渡るフェリーは2つあります。
それぞれ、少しずつ特徴がありますので紹介しますね。

JR宮島フェリー


JR宮島フェリー 乗船券売り場

◆JR宮島フェリー
料金
往復:360円
ICカード利用可能・ICOCA、PASPY

所要時間
約10分



◆JR宮島フェリーの特徴

何と言っても「海から大鳥居と厳島神社を正面に眺めることができる」絶好の撮影スポットがあること。


宮島口発9時10分~16時10分の便は、大鳥居に最接近する「大鳥居便」が運航しています。


宮島松大汽船


宮島松大汽船 乗船券

◆宮島松大汽船
料金
往復:360円

所要時間
約10分


◆宮島松大汽船の特徴

大鳥居に接近する…ということで、JR宮島フェリーはいつも混雑しています。

ですので、混雑回避をしたい場合は宮島松大汽船のほうがスムーズに乗ることができます。



このことを実感するのは、宮島水中花火大会のときですね。

関連記事⇒宮島花火大会へ船で行く4つのルート!駐車場の混雑を避けるなら!?

まとめ


今回は、宮島へ渡るフエリー乗り場へのアクセス方法についてお伝えしてきました。


地元民でも、フエリーに乗っているわずか10分の乗船時間で一気に旅気分になります。


以前、JR宮島口からフェリー乗り場までは、横断歩道を渡って一直線でした。


しかし、宮島口周辺の交通渋滞緩和のために地下通路ができたのです。


ですが…観光客の方にとっては、フェリー乗り場までが分かりずらくなったようですね。


今回の記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る