七五三お参りの服装!父親や母親の失敗しない格好は?

七五三 お参り 親 服装
スポンサーリンク

子供の成長をお祝いする七五三。子供の服装は準備できてひと安心なのですが…

そう言えば、…
「自分はどんな服装にすればいいの?」
「夫は何を着ればいい?」
…など、頭の中を駆けめぐっていませんか?

大切なわが子の七五三のお参りですもの。
いい思い出にするためにも失敗はしたくないですよね。

そこで今回は、七五三お参りの時、父親や母親の服装についてお伝えしていきます。是非参考にしてくださいね。



七五三お参りの服装 母親や父親は何を着る?


七五三 服装 母親
引用元:http://doc-moba.net

まず七五三の主役はあくまで子供です。

このことをしっかりと認識しておきましょうね。母親がガンバリすぎて主役より目立っているのをたまに見かけます^^;


七五三の服装で母親がこれを着ないといけない…という決まりはありません。

ですので、できるだけきっちりとした服装をするよう心掛けましょう。

でもきっちりとした服装ってどんな感じ??になりますよね。おすすめなのが、スーツやワンピース、お持ちであれば着物になります。

母親がスーツ・ワンピースを着る際の注意点


では、スーツやワンピースを着る際に気をつけたいことは次の3つです。

  • スーツやワンピースの色
  • ストッキング

それぞれ詳しくみていきましょう。

母親のスーツやワンピースの色は?

スーツやワンピースの色は、この色でないといけないという決まりはありませんが、淡いピンクや紺が人気です。

黒やグレーなど少し暗い色を選ぶ場合は、ネックレスをつけると顔周りが明るくなります。

ストッキングは何色がいいの?

ストッキングはベージュ系がおすすめです。

露出する部分が少ないとは言え、ラメ入りや柄ものそして黒は避けましょう。

靴は何がいい?

靴はプレーンなパンプスがいいです。

くれぐれも、サンダルやピンヒールのパンプスは避けましょう。きれいに整地された境内を、ヒールで穴をあけてしまうことがないようにしたいものですね。

母親が着物を着る場合


七五三に母親が着物を着る場合、よく選ばれるのは次の3つになります。

  • 訪問着
  • 付け下げ
  • 色無地(一つ紋)

こちらは式典のときに着られることが多い着物になり、入学式のときにも着て行くことができます。

七五三のお祝い事にはふさわしい着物ですね。


では色選びを考えたとき「子どもの着物とおそろいの色はいいのか?」迷いませんか?


結論から言いますと、避けたほうが無難です。

七五三はあくまで子供が主役ですので、落ち着いた色を選ぶのがいいでしょう。


例えば…
主役の子どもが濃いピンク色の着物でしたら、お母さんは淡い桜色にするなど親子でグラデーションを楽しむのもいいですね。

七五三 母親 着物
引用元:http://wear.jp
これだと写真映りがとってもいいんですよ^^

父親がスーツを着るときの注意点


七五三 服装 父親
引用元:http://9arcus-creation.com

では、七五三の父親の服装で気をつけるのは次の2点です。

  • 子どもよりも目立ちすぎない
  • 母親の服装と合わせる

あくまで七五三の主役は子どもです。母親の場合と同じように、父親も目立たない服装を心がけましょう。


母親の服装と合わせるということでは、

・母親がスーツやワンピースなら、父親はビジネススーツ。

・母親が着物なら、父親は着物もしくはビジネススーツ。


ビジネススーツの色でおすすめは、紺やグレーのダーク系になります。


シャツは白よりは、淡いブルーや淡いピンクにして華やかにするといいですね。

ネクタイはお祝い事なので明るめの色がいいですよ。

おすすめの色は、ボルドーカラー(赤系)です。
顔映えがして写真映りがいいそうですよ^^

もし新調されるのでしたら、試してみてはいかがですか。

まとめ


今回は、七五三のお参りの時の父親や母親の服装についてお伝えしてきました。

七五三はあくまで子どもが主役だということを忘れないようにしましょう。

そして、ご夫婦の服装の格を揃えることも忘れないでくださいね。

七五三に礼服で行かれても問題ないのですが、バランスを考えることが大切。

最近では、一番無難だという点でビジネススーツが多いようです。



我が家の娘の七五三のとき、参列した義母が…。

私はスーツ、夫もダークグレーのビジネススーツにしました。

しかし、義理の母がとてもカジュアルな装いだったため、焦ってしまった記憶があります^^;

お参りの時や写真撮影の時に気になって仕方がありませんでした・・・。
前もって確認しておいたらよかったかなぁと今でも思います。

どうしても気になる場合は前もって確認しておいてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る