カーネーションの花言葉|緑や虹色・ピンク・赤・青の意味は?

スポンサーリンク

母の日が近づくと、花屋さんの店先で色とりどりのカーネーションを目にします。最近では、カーネーションの色も増えてきましたね。

今年の母の日は、カーネーションに花言葉を添えて贈ろうと思い「カーネーションの花言葉」を調べてみると、色別で花言葉に違いがあることを知りました。

しかも最近では、緑や虹色、青など珍しい色のカーネーションも増えていますので選ぶのも楽しいですし、受け取ったお母さんも驚かれるのでは…。

もし、カーネーションの色選びで迷っているなら是非参考にしてみてくださいね。

それでは早速、カーネーションの色別の花言葉をお伝えしていきます!

関連記事
母の日に化粧品セットをプレゼント!40代におすすめ3選

母の日にバラを贈リたくなる意味とは?花の名前に秘められたドラマ

カーネーションの花言葉:母の日におすすめの色


カーネーションの花言葉が、色別に意味が違うことを知れば、思いの伝え方に幅が広がりますね。

◆母の日におすすめの色
  • 赤のカーネーション
  • ピンクのカーネーション
  • オレンジのカーネーション
  • 緑のカーネーション
  • 虹色のカーネーション
  • 紫のカーネーション
  • 青のカーネーション


それでは、一つずつ詳しくみていきましょう!

赤のカーネーション


カーネーション赤


母の日の定番といえば「赤のカーネーション」

それもそのはずです。花言葉は・・・


花言葉は「真実の愛」「母の愛情」「情熱」「母の愛」


お母さんへの感謝の気持ちを現すのにふさわしい花言葉ですね。




次はピンクのカーネーションです。

ピンクのカーネーション


ピンクのカーネーション


優しい気持ちにさせてくれるピンク色のカーネーション。


花言葉は「感謝」「上品・気品」「暖かい心」「美しい仕草」


花言葉の「感謝」から、母の日以外でも卒園式などで贈る花束としても人気です!



つづいて、オレンジのカーネーションです^^

オレンジのカーネーション


カーネーションオレンジ色


気持ちを元気にしてくれるといった、色のイメージがオレンジ色にあります。ポジティブな印象のオレンジのカーネーション。


花言葉は「あなたを熱愛します」「純粋な愛」「清らかな慕情」


花言葉の「あなたを熱愛します」から受けるイメージは、異性への愛。告白のときの花束にはピッタリですね^^


気持ちを元気にしてくれるオレンジ色のカーネーションは、最近お疲れ気味のお母さんへさり気なく贈ってみるのもいいかも^^




気になる緑のカーネーションの花言葉は?

緑のカーネーション


カーネーション 花言葉 緑のカーネーション


心や体の疲れを癒やす、穏やかな気持ちを与えるなどの心理効果がある緑色。


私たちが感じる波長のなかで、一番長い波長は赤。
波長が一番短いのは紫。そして中間の波長が緑です。

そう言えば、虹の真ん中の色は緑ですね。


中立で人間関係のバランスが取れるまさに癒し系のイメージがあります。

花言葉は「癒し」

日頃ストレスを感じているかも…そう思ったらプレゼントしてみては。
ヒーリング効果で良いかもしれませんね^^



つづいて虹色のカーネーションの花言葉は?

虹色のカーネーション


虹色のカーネーション

オランダでは虹色のカーネーションのことを「ハッピーフラワー」と呼ぶそうです。

白色のカーネーションに虹色の水を吸わせて色付けをしたと言われる、虹色のカーネーション。

カーネーションに希望や未来を託したのでしょうか。

花言葉は「感謝」

珍しい色なので、サプライズに最適ですね。


気になる紫のカーネーションの花言葉は?

紫のカーネーション


カーネーション紫色


緊張や不安を癒し穏やかな気分を与える色のイメージがある紫色。

紫色のカーネーションは、色の持つイメージと見た目のイメージ、そして花言葉すべてがマッチしています。


花言葉は「誇り」「気品」


まさに、エレガントなお母さんへピッタリのカーネーションですね。

紫色のカーネーションは、なかなかお目にかかることがないので、プレゼントを手にしたお母さん、大喜びされること間違いないですよ!




つぎは、青のカーネーションの花言葉ですよ^^

青のカーネーション


カーネーション青色


青は幸せの色。ムーンダストの名を持つ世界で唯一の青いカーネーション。


花言葉は「永遠の幸福」


世界初の青いカーネーション「ムーンダスト」はサントリーとオーストラリアのフロリンジ社の共同開発により誕生しました。


お母さんの幸せを願う贈り物にふさわしい、青いカーネーションです。






つづいて、母の日に贈るときに気をつけたいカーネーションの色について紹介します。

スポンサーリンク



カーネーションの花言葉|贈るときに気をつけたい色は?


母の日にカーネーションを贈る・・・この気持ちはとても素晴らしいものです。


ただ・・・カーネーションの色により花言葉が違います。
せっかくの気持ちが残念なことにならないためにも、贈るときに気をつけたい色3色を紹介していきます。

◆気をつけたい色
  • 濃い赤のカーネーション
  • 白のカーネーション
  • 黄色のカーネーション

それぞれ詳しくみていきましょう!

濃い赤のカーネーション



母の日の定番、赤のカーネーションと間違いそうですが、濃い赤色になると花言葉が違ってきます。


花言葉は「私の心に哀しみを」


「哀しみ」の意味をふくんでいるので、ネガティブなイメージがあります。


色の持つイメージで濃い赤は、ストレスを和らげてくれ効果があります。
個人的には、母の日にカーネーションを贈ってくれる気持ちが嬉しいので、花言葉は気にならないのですが、一般論として知っておくのに損はないですよ。


間違ってお義母さんに贈ってしまうことがないように^^;




つぎは、白のカーネーションについて紹介します。


白のカーネーション


カーネーション白色


清潔感や素直なイメージが白にはあります。花言葉もポジティブな意味とネガティブな意味をあわせもつのが、白色のカーネーションです。


花言葉は「尊敬」「純潔の愛」「亡き母を偲ぶ」「私の愛情は生きている」


白のカーネーションの花言葉に「亡き母を偲ぶ」が入っていますね。


これは、母の日にはカーネーションを贈ることの始まりの話で、アメリカに住む少女アンナ・ジャービスが、亡き母を想い生前、母親が好きだった白いカーネーションを祭壇に飾ったことからきています。


なので、母の日に贈る花ではネガティブとされるのですが、花言葉の「尊敬」などから、卒業のとき恩師に贈るにはふさわしい花なんですよ^^



さいごは、黄色のカーネーションになります。
いったい、どんな花言葉が隠されているのでしょうか・・・。


黄色のカーネーション


カーネーション黄色


心を弾ませ楽しい気分にさせてくれるイメージがある黄色。その色のカーネーションですから、ポジティブな印象があるのですが、花言葉は違うようです。


花言葉は「軽蔑」「嫉妬」「愛情の揺らぎ」



まるで、恋愛の破局をむかえるときのような花言葉ですね^^;

母の日では、「軽蔑」の花言葉がネガティブイメージになります。


黄色のカーネーション、見た目では元気な印象をうけるので花言葉を知らずについ贈ってしまうと大変なことに・・・^^;



カーネーションの花言葉、色別でこんなに違いがあるなんて、調べるまで私も知りませんでした。

今回、知ることができて本当に良かったです^^



それでは最後に、今回お伝えしてきたことをまとめておきましょう。

まとめ


今回は、カーネーションの花言葉は、色別で意味が違うことについて紹介してきました。


1.カーネーションの花言葉:母の日におすすめの色は?


  • のカーネーション…「真実の愛」「母の愛情」「情熱」「母の愛」
  • ピンクのカーネーション…「感謝」「上品・気品」「暖かい心」「美しい仕草」
  • オレンジのカーネーション…「あなたを熱愛します」「純粋な愛」「清らかな慕情」
  • のカーネーション…「癒し」
  • 虹色のカーネーション…「感謝」
  • 紫色のカーネーション…「誇り」「気品」
  • のカーネーション…「永遠の幸福」


2.カーネーションの花言葉:贈るときに気をつけたい色は?


  • 濃い赤のカーネーション…「私の心に哀しみを」
  • のカーネーション…「尊敬」「純潔の愛」「亡き母を偲ぶ」「私の愛情は生きている」
  • 黄色のカーネーション…「軽蔑」「嫉妬」「愛情の揺らぎ」


カーネーションの花言葉は、色別でここまで違うとは、正直驚きました^^;

受け取る相手に変な誤解を与えないためにも、覚えておかないと・・・。

これであなたの、母の日のカーネーション選びは完璧ですね^^

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る