紫陽花に毒がある!?カタツムリは大丈夫なの?

紫陽花毒葉カタツムリ

スポンサーリンク

梅雨のとき、うっとうしい気分を元気にしてくれる紫陽花。
雨に打たれても、色鮮やかに咲きほこる姿は凛とした美しさがあります。

こんな美しい紫陽花に毒があるって聞いたことありますか?

だったら…
「紫陽花の葉の上にいるカタツムリは大丈夫?」そんな疑問がわいてきました。

そこで今回は、亡き母が好きな花が紫陽花だったということもあり、紫陽花への思い入れが強い私が「紫陽花に毒があるのか?カタツムリは大丈夫なの?」について調べてみました。

それでは早速、紫陽花に毒があるのか?みて参りましょう!





紫陽花に毒があるのは本当 ?


紫陽花毒ある


紫陽花に毒があるのは本当なのでしょうか ?

紫陽花に毒がある=中毒症状を起す」ことは確認されていますが、毒性成分はいまだ明らかにはされていません。


厚生労働省に報告された、京都薬大の調査によると、中国四川省産アジサイの葉部・茎部の成分検索を行った結果青酸配糖体という毒性成分が見つかっています。


しかし、京都産のアジサイ抽出物には含まれなかったことから、アジサイ、ガクアジサイ、アマチャなどの品種によって成分・含量にかなりの差があるとの見解に至っています。



では実際に、紫陽花の毒で中毒症状を発症した事例2件を紹介します。


2008年、茨城県つくば市の料理店で料理に添えられた紫陽花の葉を食べ、食後30分ほどで嘔吐、吐き気・めまいなどの中毒症状を起こしています。






同年大阪でも、飲食店でだし巻きの下に敷かれていた紫陽花の葉を食べ、40分後に嘔吐、顔面紅潮などの中毒症状を起こしています。




幸い2件とも症状は重くなかったようで、数日で回復したそうです。


厚生労働省では、この2件の発生した食中毒を期に、毒性成分の再検討がされていますが、未だに判明されていないようです。


つぎは、気になる紫陽花の毒はどの部分にあるのかについて紹介しています。




紫陽花の毒はどの部分にあるの?


では、紫陽花の毒はどの部分にあるのでしょうか?

2008年に起こった食中毒の発症事例でもわかるように、紫陽花の毒はにあります。

紫陽花毒葉


紫陽花の葉、一見すると大葉に似ていますね。

仮に、お刺身のツマのように料理に添えたられていたら、間違って食べたりしないでくださいね!



では、一部の紫陽花で見つかった毒性成分の青酸配糖体って、どのようなものなのでしょうか?



青酸配糖体は、糖に青酸が結合した物質のことを言い、主に植物のつぼみや葉、根に含まれている毒性成分です。



青酸が体内に入ると、呼吸困難めまい顔面紅潮などの中毒症状を起こします。


でも、青酸配糖体って、あまり聞き慣れないですね。


青酸配糖体のことを知るために、青酸配糖体が含まれる身近なもので説明します。



青酸配糖体が含まれるもので「青梅」があります。

青酸配糖体青梅


幼い頃「生の青梅は食べちゃだめ!」って、言われたことありませんか?

えっ?聞いたことない?!(ここで年齢がバレますね^^;)



私が幼い頃、梅の実の季節…6月頃。
収穫した青梅の甘酸っぱい香りに鼻を寄せて嗅いでいると…

青酸配糖体青梅種

「生の青梅は食べちゃだめ!」って、言われてました。


これは、ごく微量ですが梅の種や果肉に青酸配糖体が含まれているからなんです。

青酸配糖体は、特に幼い青梅の種に多く含まれています。


に含まれる青酸配糖体は、なんと果肉の10~20倍!!



幼い青梅の種ってまだ柔らかいんですね。
だから、青酸配糖体が幼い種をガードしている・・・ってわけです^^



でも、梅の実が大きくなり種が固くなっていくと 青酸配糖体は分解され、人間にとって食べやすくなります。



青酸配糖体は、漬けたり干したりすることで、さらに分解が進むんですね。

そして、砂糖により無毒化するといわれています。

紫陽花毒梅干し


なので、梅酒梅シロップ、干して漬け込む梅干しなどは理にかなった食べ方なんですよ^^



つぎは、紫陽花の葉の上を這うカタツムリは大丈夫なのか…についてお伝えします。


スポンサーリンク




紫陽花の葉の上にいるカタツムリは大丈夫?


紫陽花葉カタツムリ

紫陽花の葉の上にいるカタツムリ。
紫陽花とカタツムリはまるでセットのように、イラストでは描かれていますね。


私も以前、紫陽花の葉の上をカタツムリが這っているのを見たことがあります。

夫や友人に訊いてみても、みんな声を揃えて「見たことがある」と言います。



なので、学説的ではありませんが、
紫陽花の葉の上にいるカタツムリは大丈夫です。」



でも、もっと確かな情報が欲しかったので色々調べてみると、次のような説がありました。


まず、カタツムリは昆虫で私たちヒトとは違う説。


カタツムリや昆虫は、消化液が強いアルカリ性、対してヒトなどの哺乳類は、胃液が強い酸性です。

青酸配糖体は、毒性が現れるには酸性の条件にある場合。

もし、青酸配糖体がアジサイの毒性成分であるなら、胃液が酸性のヒトには毒であるが、消化液がアルカリ性のカタツムリには毒が毒ではない。




確かに、ヒトと昆虫では違いますからね。
この説では「カタツムリが紫陽花の葉を食べた場合」について理解できます。



つぎは、紫陽花の葉の上をカタツムリは這うけど、葉は食べない説。

紫陽花の葉の上にいるカタツムリの、周辺の葉がボロボロになっている写真とか見たことがありますせんか?

まるで、カタツムリが葉を食べたかのように思えてしまいますね。

でもこの葉を食べた主は、ハバチ類の幼虫が食べたものであり、カタツムリが食べたわけではないのです。



紫陽花の葉の上をカタツムリは這うけど、葉は食べないわけですね。


このように2つの説明から、

  • 紫陽花の葉の上にいるカタツムリは大丈夫
  • カタツムリは紫陽花の葉は食べない
ということになりますね。

紫陽花とカタツムリのイラストも嘘ではない、ということです^^



それでは最後に、今回お伝えしてきたことをまとめておきましょう。

まとめ


今回は次の3つのことをお伝えしてきました。

1.紫陽花に毒があるのは本当 ?

・紫陽花に毒はあるが毒性成分は未だ明らかではない。


2.紫陽花の毒はどの部分にあるの?

・紫陽花の毒は葉の部分にあります。


3.紫陽花の葉の上にいるカタツムリは大丈夫?
  • 紫陽花の葉の上にいるカタツムリは大丈夫です。
  • ヒトなどの哺乳類の胃液は酸性で、カタツムリなど昆虫の消化液はアルカリ性。 青酸配糖体は、毒性が現れるには酸性の条件にある場合だから。
  • カタツムリは紫陽花の葉は食べない。


いかがでしたか?

紫陽花に毒があるのは確かなようですが、毒による中毒症状が現れるのは食べた場合です。


なので、庭に植えている紫陽花を剪定したり、お手入れすることには影響ないので安心してくださいね。


梅雨時のジメジメした気分は、紫陽花観賞で吹き飛ばしましょう♪


さいごに・・・
一瞬ドキッとした紫陽花に毒がある話でしたが、紫陽花には不思議なおまじないがあることをご存知でしょうか?



「紫陽花の不思議なおまじない」については、こちらに詳しく紹介しています。

紫陽花の不思議なおまじないとは?


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る